近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

カテゴリ:身近な話題・情報( 1647 )  

父の通院  

父の通院に付き添いました。

父は、母が亡くなる前「妻はもう長い間寝たきりで死にそうです」と先生に報告していたのに、今日は,母が亡くなったことは一言も言いませんでした。デイサービスのことなどを話して何事もなかったように会話していました。

老人ホームの片づけ  

母の老人ホームから先日運べなかった電気製品などを運びました。
母が老人ホームに入っていたのは、4年半と短い時間でしたが、私は、休日の多くの時間をこの施設に行き、ヘルパーさんや看護婦さんたちと会話をしました。母の死と共にお世話になった多くの人々とのお別れも寂しいです。ありがとうございました。

告別式  

母との最期のお別れでした。

93歳と大往生でも母の死はとても悲しいです。
それでも、私の人生のほどんどの時間同居し、その生きざまをしっかりと記憶し、天寿を全うした母と彼女と親しかった皆さんとのお別れの会をすることができた安堵感があります。もう、母に対してやり残したことはないという思いです。

13年前、主人を殺害された時の葬儀とは全く違いました。

通夜  

母の通夜が行われました。
祭壇では、花が大好きだった母は、きれいなたくさんの花に囲まれ、微笑んでいました。さらに皆様から多くの花をいただきました。夜にもかかわらず多くの弔問客が来てくださいました。
受付、会計、家の留守番とすべてを友人たちが引き受けてくれました。

弔問客は母個人の関係だけでも、地域の方、古くからの友人たち、その子どもたち、商店街の方、介護施設の方、介護事業者の方等、母がどれだけたくさんの方々と会話を重ね、日々の暮らしを楽しみ生きてきたかを改めて見る思いでした。1人の女性として、とても充実した人生を送ってきたのではないかと思います。

老人ホームの片づけ  

母が入院前まで過ごしていた老人ホームの片づけに行きました。
スタッフの皆さんが出てきてくださり、突然の母の逝去に対する悲しい思いを伝えてくださいました。
母のベットから見えるように花が活けてありました。
母がこの老人ホームでスタッフの皆さんに愛され、楽しく過ごせたことに感謝し、何度この道を車で走ったかと考え、いろいろな思い出がこみあげてきました。

葬儀の準備  

母と親しかった方が何人も家に来てくださり、悲しみを共にしました。
母は人生のどの時期もいつも友人たちに囲まれ、楽しそうに笑っていました。
父の11期にわたる議員生活を支え、骨粗鬆症で大好きだった外出ができなくなり、悲しみや苦労も多かったと思いますが、常に置かれた環境で楽しみを見つけ、朗らかに過ごしてきました。
93歳の大往生ではありますが、母が亡くなったことを「悔しい」「残念」と言って泣いてくださる友人、知り合いがたくさんいることに母の存在の大きさを改めて感じました。

母の最期  

昨日、レゴランドを出た直後、姉から母の急変したことを告げる電話がありました。その後少し落ち着いているとのことで、今朝になって母の元に駆けつけました。
母は口で一生懸命呼吸をして、心拍数が急に低下したり、また上がったりしていました。「澄さん!」「ボンジュール!」と声をかけると下がった心拍数がまた戻ってきます。それを何度か繰り返し、午後3時、亡くなりました。私たち姉妹と孫に見送られ、安らかな最後でした。
その後、母は4年ぶりに自宅に戻ってきました。

レゴランド  

せっかく名古屋に来たので、1泊して、4月にオープンしたレゴランドを見学しました。

子どもたちは幼少の頃、よくレゴのブロックで遊んでいました。17年前、子どもたちは幼く、主人は忙しく、国内旅行もままならない時期、たまたま兄姉がイギリスに赴任した機会に、母と子どもたちとイギリスのレゴランドに行きました。私は、その時の感動が忘れられず、日本にレゴランドができると聞いた時から、一度は訪れたいと思っていました。名古屋のレゴランドはイギリスでの感動こそありませんでしたが、レゴの世界を十分満喫することができました。
保育園や幼稚園の子どもたちがたくさん見学をしていました。

c0013698_09140148.jpg

c0013698_09171872.jpg


c0013698_09155399.jpg

c0013698_10030234.jpg




母の見舞い  

2月に元気に93歳の誕生日を迎えた母が、3月初旬にインフルエンザにかかり救急入院しました。以後、一度転院し、今も療養を続けています。水分点滴とわずかなゼリーだけで過ごしています。いつ何があってもおかしくないと医師からは言われています。
明日私は仕事で名古屋に行かねばならないので、今日母に会い、看護婦に様子を伺いました。「顔色も良く大丈夫ですよ。ただ、状態はいつ変わるかわからない」とのことでした。不安ですが、名古屋に行って来ます。

占い  

友人とよく当たるという占い師のいる所に行きました。

今年の初詣で引いたおみくじがあまりも悪く、その後、本当に度重なるつらい出来事も発生したので、友人と占い師に見てもらおうと言うことになりました。2人とも、性格、過去のこと等は本当によく当たっていました。とりあえず、これからは悪くないようで、ホッとしました。友人と「当たるね~」と笑い合って、楽しい時間を過ごしました。


ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
中野コンポスト連絡会
at 2017-06-19 21:31
被害者の会
at 2017-06-17 22:29
児童館運営協議会
at 2017-06-17 21:23
途切れない支援を被害者と考える会
at 2017-06-16 23:21
総務委員会
at 2017-06-15 22:17
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.