近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

<   2005年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧  

9月28日  

 沢田、斉藤、緒方に対する私の意見陳述がありました。
議会の合間のたった1日の決算検討日を裁判にあて、二度目の意見陳述をすることは、本当に肉体的にも、精神的にもつらい作業でした。
お父さんを殺された子どもがどんなにつらく悲しいか、沢田の友達を知る人間が家に訪ねて来て、沢田たちが裁判で平気でウソを話していることを教えてくれたことなどを、私としてできる限りの力で、精一杯、裁判長、裁判官に訴えたつもりです。
 ところが、この意見陳述の間も、沢田将基、緒方剛、斉藤揚礼の3人の致死犯たちは、表情ひとつ変えることなく、涙も流さずに座っていたと言います。(私自身は裁判官を前にし、彼らに背を向けているので、その表情は見られなかったのですが)
 ここまで、「他人のことは知った事ではない」人間たち、感情を持たない人間たちを相手にするには、どうしたら良いのでしょう。彼らには、自分たちがぐるぐる巻きにして、苦しんでいる人間が死んでしまおうが、よその子どものお父さんがいなくなろうが、どうでもよいことなのです。人間としての感情をひとかけらも持たない冷酷な人間たちなのです。
 意見陳述では、若者3人の親のことにも触れました。傍聴に来てくれたある人が、後で言いました。「もし、私が親の立場だったら、公の場所であそこまで言われたら、恥ずかしくて苦しくて立ち上がれなくなると思う。親たちからして、何も感じない人間たちなのだと思う」

今回は議会中であったこともあり、裁判の日にちを皆様にあまりお知らせできませんでした。それなのに傍聴に来てくださった皆様本当にありがとうございました。


意見陳述追加いたしました。
9月28日 意見陳述

9月21日  

今日から議会が始まりました。今日から10月24日まで約1ヶ月間第3回定例会です。今回、私は決算の総括質疑があるので、13日の裁判が終わると資料集め、質問作りに入り、「小枝日記」もしばらく書けませんでした。
その間、皆さんのお手元に送らせていただきました私の報告書、「小枝通信」を読み、たくさんの方から励ましをいただきました。ありがとうございました。お返事ができずに申し訳ございません。

 全く反省の動きを見せない加害者の親族と、双日株式会社に対して、多くの皆様から怒りの声を頂きました。ありがとうございます。

9月13日  

主犯酒井被告、坂本被告、高橋被告の公判がありました。今日は私の意見陳述がありました。

私は主人が酒井たちに殺されてから、酒井たち犯人に向かって、この人たちの親族に向かって、この人たちを弁護する弁護士さんたちに向かって、この事件を追及してくださっている検事さんに向かって、刑を下す裁判官と裁判長に向かって、そして多くの社会の人に向かって、言いたいことがたくさんありました。
どこにこの思いをぶつければ犯人たちの罪が重くなるのか、いろいろ電話で問い合わせたりもしました。しかし、被害者の生の声を司法に向かって発信できる機会は、この意見陳述しかないことがわかりました。それがわかった日から、木を見れば、何か意見陳述に関係しないか?人に会えば、何か意見陳述に関係しないか?ご飯を食べれば意見陳述に関係しないか?この半年あまりをずっと自分に与えられるただ1度限りの機会を絶対に無駄にはできないと考えながら過ごしてきました。
無念に殺された主人に、私がしてあげられること、子どもたちの思いを伝えること、私の意見陳述によって少しでもましな世の中を取り戻したいこと、この思いを込めて、原稿作成に取り組んできました。
以下に抜粋を載せます。お読みください。

 添付 意見陳述書
 2005年9月13日 東京地裁第531号法廷
 酒井裕・坂本亮・高橋祐介 「逮捕監禁殺人死体遺棄罪」公判

1時間の長い陳述書で、全文は載せられませんので、抜粋編集したものを別にupいたしました。こちらをご覧ください。
9月13日陳述抜粋

 皆さん泣いてくださいました。裁判所に2時間以上かけてきてくれた私の友人は朝8時に門の開く前に傍聴券を手にいれるために並んでくれました。犯人たちを監視している刑務官の方も泣いてくださいました。「立派だったよ」と皆さんに言われました。検事さん、弁護士さん、新聞記者、多くの方からあれだけの原稿をまとめるのは大変な作業だったでしょう?と聞かれました。本当に大変でした。泣きながら、パソコンを打ち、泣きながら、読んでみて、何度も何度も書き直しました。
 それでも、これだけ努力をして、「よかった」と皆様に褒めていただいても、何一ついいことには結びつかない、達成感の持てない作業は初めてです。終わった時、ああ、もうこれで、主人の無念を表現できる唯一の機会が終わってしまった、主人は二度と戻って来ない、どこまでも苦しく、悲しい気持ちで法廷を後にしました。
 田舎のご両親は一言も感想を言いませんでした。ただつらいのです。ほとんどの人が泣いている中、酒井は下を向いたまま泣くことはありませんでした。そして酒井の親族もやはり傍聴には現れませんでした。

9月28日(水)午前10時から、同じく地裁第531号法廷にて、もう一度、私の意見陳述があります。今度は、10万円で殺人を手伝った3人の若者、沢田、緒方、齋藤の公判です。
彼らは、10万円の報酬で動いた拉致監禁の実行犯でありながら、主人が死んだ時、帰宅していたという理由で「殺人罪」に問えません。3人の若者は、今すでに「刑務所を出た後の自分の生活」に夢を馳せている様子です。自分たちがアルバイトでした行為が殺人となったことが、どんなに重い事なのか、何も理解していないのです。
何とか、このような若者を見過ごさないような社会にするために、主人の無念を、彼に代わって、私は精一杯述べたいと思います。

9月12日  

補正予算説明

会派打ち合わせ

9月13日の裁判についてのお知らせ  

裁判の連絡


9月13日 10時から 東京地裁 531号法廷にて

「逮捕監禁殺人死体遺棄罪」の酒井裕、坂本亮、高橋祐介3人の裁判があります。

傍聴券交付がありますので、9時頃までに東京地裁、正面玄関左の表示のところにお並びください。
※席がいっぱいになると、入廷できないことがあります。

今回は、被害者遺族の意見陳述ということで、私が法廷で話す時間をいただきました。

苦しみ苦しみ死んで行った主人に代わり、彼の無念を、出来る限り訴えたいと思います。

9月10日  

中学校PTA 教養委員会

講演会企画の準備のために集まったのですが、いつの間にか「自分たちがこの講演を通じて子どもに伝えたいことは何なのか?大人に伝えたいことは何なのか?勉強すると何がいいの?」など大議論大会になりました。委員の皆さんはとても意識の高い、自分の意見をしっかりもったお母さんたちでした。PTA活動の良さは、子どもたちの現場を知っている人たちが、子どもたちの生きる社会を少しでもよい方向にもって行きたいと話し合える場が提供されることだと思います。

9月9日  

厚生委員会

世田谷区が区立小学校を利用して実施している小学生の健全育成を目的とした「BOP」(BOP=Base of Playing )事業視察 東大原小学校


9月8日
 意見陳述準備、 打ち合わせ

9月7日  

小枝通信発送準備  意見陳述準備

小枝通信発送の手伝いをしてくれている友人が、「本当に身体を壊さないでね。」と言って、私を気遣い、肩を揉んでくれました。ついこの間までは、忙しくても、大変でもやりがいのある仕事をこなしていた元気だった主婦が、犯罪被害者の妻と言う立場になり、身も心も疲れ果てながら、まだまだやることが山とある状態を見て、肩を揉まずにはいられなかったのでしょう。本当に優しい皆に支えられてつらく忙しい作業を何とかこなしています。

9月6日  

小枝通信発送準備、 意見陳述準備

9月5日  

 昨日から降った雨で中野区では、大きな被害を受けました。午後5時現在床上302件、床下166件、事業所105件の被害です。昨晩から地域センターを避難所として、開放しました。
c0013698_1737840.jpg

 
防災対策特別委員会
  ○「平成17年9月4日の大雨」による被害状況と区の対応
  ○「中央防災会議における首都直下地震調査報告及び首都直下地震対    策大綱策定の進捗状況について」の学習会

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.