近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

<   2005年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧  

12月31日  



青少年犯罪の更生に取り組み、犯罪をした人々のその後を見つめる仕事をされている知り合いを地方に訪ねました。自宅でいろいろなお話を聞かせて頂いただき、地域の皆さんと2日間かけて作った御節料理を食べさせてくださいました。
自宅でも主人の実家でも、お正月を祝う気分にはなれない私にとって、本当にありがたく、嬉しいひとときでした。

12月28日  


「音楽物語 マッチ売りの少女」 と言うファミリーコンサートに大人3名、子ども4名で行きました。
「人は1人では生きられない」「夢はかなう」と澄み切ったソプラノの声で歌う歌手の方の子どもたちに対する熱い思いに感動しました。後ろのコーラスの方々も子どもたちに「夢はかなうから勇気をだしてやってみるのよ」と微笑み、歌うその声と、優しいまなざしは、命の大事さ、子どもたちへの限りない希望に満ち溢れていました。

悲しいことばかりだったこの1年の終わりにこんな素敵な歌声を聞くことが出来て、主人の夢はかなわなかったけれど、私は彼のためにもう少しだけがんばろうと思いました。

c0013698_17295720.jpg

12月27日  




 双日マシナリー㈱の方がお線香を上げにいらしてくださいました。裁判も毎回傍聴してくださって、私を励ましてくださいました。主人が親しくさせていただいていた社員の方は皆優しく、このつらい1年間を一緒に過ごしてくださいました。ありがとうございました。

12月26日  




 クリスマス前後には皆様から、子どもたちには贈り物、私にはお手紙などいろいろ頂きました。お1人お1人にご返事もできず失礼しました。ありがとうございます。

12月25日  


 
 主人が遺体で見つかったのは、殺害後ちょうど1ヶ月経った昨年のクリスマスイブの日でした。子どもたちが一番楽しみにしているクリスマスに、お父さんの死という悲しすぎる知らせを伝えられた我が家は、クリスマス、お正月の時季を心から楽しいと思う事は出来なくなりました。
 ある方から聞いた話では、主犯の酒井裕は敬虔なクリスチャンだということでした。その方は、「クリスマスに彼が捕まったのも、あるいは神の導きでは、と思った」と語られました。

 それでも、子どもたちにとっては、年に1度のクリスマスです。
「もしサンタさんが来るとしたら何が欲しい?」と聞くと、息子は「お父さん!」と答えました。プレゼントにいただいたサンタさん用の長靴を 息子はお父さんが帰ってくる道に1番近い場所に飾っておきましたが、サンタさんはお父さんを連れてきてはくれませんでした。変わりにサンタさんからはシマウマがプレゼントされました。
 息子がお父さんと最後に遊びに行った場所、動物園で見て、それから大好きになった動物です。
 娘はキラキラ光るガラスの飾りをサンタさんにもらって「サンタさん、忙しいのにありがとう!」と私を抱きしめてくれました。

c0013698_17182577.jpg


c0013698_1718495.jpg

12月24日  


     Merry Christmas!!


c0013698_6455294.jpg

by kondou-saeko | 2005-12-24 23:44 | Comments(0)

12月22日  


東京新聞取材 
主人の事件発覚以降1年に渡り「社会的事件である」と取材を続けてくれた東京新聞の記者が、カメラマンを連れ、長い時間取材していかれました。
「クリスマスイブに記事を載せたい」と記者の方が努力してくださり12月24日の夕刊に載りました。

12月21日 追記  

 刑事裁判判決

 主人近藤浩に暴行を加え、殺人に加担し「逮捕監禁致死罪」で起訴されている実行犯の若者、沢田将基、緒方剛、齋藤揚礼の求刑の日です。
求刑
沢田将基 まさき(30歳)  懲役6年 (求刑9年)
緒方 剛 たける(23歳)  懲役6年 (求刑7年)
齋藤揚礼 あきのり(23歳) 懲役6年 (求刑7年)

 求刑の内容は次のようでした。

 被告は酒井、坂本、高橋と共謀の上、被害者近藤の身体を掴み、手拳で殴打し、車に連れ込み、命乞いする被害者の声を無視し、サルグツワをし、粘着テープで巻き、布団袋に包んだ上から、布団で巻き、終始監禁し、身体拘束を与えて死亡させた。沢田は坂本から一人10万円の報酬がでると聞かされ、仲間を集めた。友人の依頼とは言え高額の報酬に引かれ、役割を分担し、計画的な犯行に及び、殴る蹴るの暴行を加え、被害者の行動を十分に制圧しながら、幾重にも緊迫したもので、殺人の実行行為と供し得る。
 被害者は、加害者にむしろ被害に合わされ、業務を忠実に遂行していたもので、全く落ち度はない。帰宅直前で、暴行を受け車に連れ込まれ、子どもの成長も見ることができずに、苦痛と恐怖の中でこの世を去る事になった。幸福に満ちた家族が、憎しみと怒りの感情を持つ事になった、被害者の妻は、強い処罰感情を訴えている。

 そして、最後にやはり、裁判長は3人を呼んで「真面目に努めればこれより短い時間で仮出所することもあります。自分たちの行為を反省し、自分たちの罪の重大さを認識し、自分を見つめ直すようにしてください」と優しく諭しました。

 私は、最後にどうしても言いたかった言葉を叫んでしまいました。「齋藤、あんたは1回も謝ってないじゃないの」 
 被害者遺族の意見陳述のさなかも表情を変えもしない姿。最後に「言いたい事は?」と裁判長に聞かれ「これまで迷惑をかけたみなさんに謝ります」というその態度。その「みなさん」は自分の身内であり、仲間であり、決して自分が殺してしまった被害者ではない。親も子も自分の保身、自分の自己満足しか考えない人間たち、この人間が「規則を守り、立派に勤めました」」と言われて短い刑期で社会に出て来てしまうことが、私には本当に恐いのです。

 沢田、緒方、齋藤、この3人のうちの、たった一人でも「そんなことはボクはできない」と言って断ってくれていれば・・・主人は死なずに済んだのです。見知らぬ人間に暴行を加え、ぐるぐる巻きにして、「このままでは死んでしまう」と認識しながら放置して10万円を貰って帰り、遊興費に使い、捕まるまで何食わぬ顔で遊んで過ごしていた若者たち。
彼らが数年で社会に出て来て、「真面目に仕事します」という保証はどこにあるのでしょうか。
 あまりにも短い刑期だと思えますが、「致死罪」の中では、これでも重いそうです。

 これで、主人の殺人事件に対する刑事裁判は全て終わりました。
長い間、傍聴に駆けつけ、連絡を入れてくださり、励ましてくださいました皆様、本当にありがとうございました。

 ただ、遺族の気持ちとしては、こうして一つの事が終わるごとに「本当に主人は帰らない」と再認識する作業の繰り返しです。決して救われることはありません。

 どうぞ、これからも、変わらぬご交情をよろしくお願いいたします。

 帰宅したら、フィンランドからクリスマスカードが届いていました。酒井が商権を勝手に持ち逃げし、それに対し双日株が裁判を起こし、主人が事務担当となり、そのために殺されてしまった林業機械ハーベスタの会社「ケト社」の社長夫妻からのカードとCDでした。複雑な気持ちです。

12月21日  


双日(株)商権裁判殺人事件の裁判判決。

16日の主犯酒井を含む「殺人罪」に続き、「逮捕監禁致死罪」の3人の若者の刑事裁判の判決が言い渡されました。

夫 近藤浩に暴行を加え、拉致し、ガムテープや布団でぐるぐる巻きにして、死に至らしめた3人の実行犯の若者に対する判決は以下です。

実行犯 沢田将基(まさき)(30)  懲役6年 (求刑9年)

実行犯 緒方 剛(たける)(23)  懲役6年 (求刑7年)

実行犯 齋藤揚礼(あつのり)(23) 懲役6年 (求刑7年)

詳細については追って掲載します。
これで、刑事裁判に関しては全て終わりました。

12月18日  


 朝起きたら子どもがホットケーキを焼いてくれました。

午後は親戚が集まり、主人を偲ぶささやかな会をしました。

酒井裕、坂本亮、高橋祐介、沢田将基、斉藤揚礼、緒方剛によって主人が殺されたと分かった昨年の12月24日から今まで、私たち家族を支えてくれた親戚の皆さんです。一緒に食事をして、私をねぎらってくださいました。皆さんが家族を支えてくださったおかげで、我が家は、主人がいなくなってしまった後も、こうして何とか生きています。
本当にありがとうございました。

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
中野駅周辺・西武新宿線沿線ま..
at 2017-10-10 23:52
父の通院
at 2017-10-10 22:44
幼稚園運動会
at 2017-10-08 20:36
途切れない支援を被害者と考える会
at 2017-10-06 23:28
総務委員会
at 2017-10-05 21:43
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.