近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

<   2006年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧  

新年ご挨拶  


昨年中は大変お世話になりました。ありがとうございました。

子どもたちを育てる保護者たちにも「過教育」と「放任」の2極化が進んでいるように思えます。経済的な大人社会の2極化、教育面での2極化、さまざまな両極な人々を乗せて日本と言う船はどこにたどりつくのでしょうか?安倍首相は「美しい国」へ。と言いますが、私には違う方向へ向かっているように思えてなりません。真面目に働く者や真面目に学ぶ者が達成感を感じられる「普通の国」になるように願ってやみません。
今年も「命の大切さ」「公教育の充実」「生活の最低保障」等、1人の人間の立場で訴えていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

どうぞこの1年が皆様にとって良い年になりますようにお祈り申し上げます。 

※尚、議員として、区内の方への年賀状は禁止されていますので、どうぞご了承願います。

12月26日  



近年、国も地方自治体も「民間ができることは民間に」「自分でできることは自分で」と言い、今まで税金で担ってきたサービスが「自己責任」と言う形で有料化されてきました。
介護保険の改正であれ、障害者自立支援法であれ、生活弱者と言われる方々にその負担は重く、普通に生活することが厳しくなってきた1年といっても過言ではないと思います。
  
このような国の流れの中にあって、私は、無所属の地方議員のできることは何かを考え行動してきた1年でした。他の議員に、やじられ、怒られ、泣きそうになりながら、議会や委員会で
「区民はその施策に耐えられるのか?」
「区民はそれを望んでいない」等の主旨を発言してきました。区民に大きく負担がのしかかる事を極力さけるように、せめて、移行のために、スモールスップを用意することも発言してきました。

 最近も、私のところへ、高齢者を抱え、病院退院後の入所先が見つからないと言う方からご相談がありました。実際に起こっている事と、国の施策、その間で大変困っている方たちをどう救っていくかが、大きな課題です。今後、高齢福祉分野は、グループホーム等、民間活力が公共性のある事業をどんどん担っていく事になります。区民への周知の方法等はどうなっているのか、区報での扱い、ホームページなどをどのように活用するのか、職員とも話しをしています。

12月25日  


グループホーム

 今年の4月に介護保険制度が改正され、これからの高齢福祉は地域密着型という方向に向かいます。新たなサービス体系の創設を中野区も計っています。区内8箇所に地域包括支援センターが作られました。他にも今後、地域密着型サービスを充実させていくことを目標にしています。

認知症高齢者のグループホームなどの認知症高齢者のための施策もその1つです。グループホームは、多くの認知症の方、そのご家族にとても待たれている施設です。
 何日か前に、新しく19年度5月に中野区白鷺に開設予定の認知症高齢者グループホームの建築現場を見に行きました。土地の所有者の方は、お母様の介護でもご苦労をされている方で「多くの方に必要な事業だと思います。公共性のあることに協力ができればうれしいです。」とおっしゃっていました。

c0013698_3265676.jpg


 認知症のグループホームとは、認知症の高齢者が家庭的な環境のもとで、専門のスタッフに支えられながら少人数で共同生活をすることにより、その進行を和らげたり遅らせたりする介護保険のサービスの1つです。地域にこう言う場所があることは、認知症の高齢者にとっても、介護をするご家族にとってもとても有難いことです。まだ、建設中ですが、認知症のグループホームは人気があり、家庭と同じような雰囲気の中で生活を送れるようになっています。人数も少人数(9名×2ニット)しか取りません。もし認知症のグループホームをお探しの方は連絡してみるのもよいかもしれません。


グループホーム「もえぎ中野白鷺」
    中野区白鷺1-6

連絡先 株式会社 ビアン ☎03-3220-4725 
    杉並区荻窪5-18-11

12月24日  


クリスマスイブその2


 クリスマスイブだというのに、「今年は本当にお世話になりました」と言って、挨拶に1人の方がいらしてくださいました。区の施設が指定管理者制度に移行する引継ぎの時に、「うまく引継ぎがなされていない」とお怒りのお電話をいただきました。私は「どこが問題なのか」「原因は何か」を調べるお手伝いをしただけなのですが、とても喜んでくださいました。何度も何度もお礼を言われ、今日もわざわざお礼に来てくださいました。
以前からの母の知り合いの方ですので、足の悪い母に「骨を強くするから」とシラスをお土産にくださいました。
クリスマスイブに、「仕事でお礼を言われる」これは私にはとてもうれしいプレゼントでした。

12月24日  

 

クリスマスイブその1


 姉の友人から子どもたちにサンタの長靴が贈られてきました。主人が遺体で発見されたのは2年前のクリスマスイブでした。その時から我が家にはクリスマスもお正月もなくなりました。しかし、たくさんの皆さんから、励ましのお手紙、ご心配をいただいています。主人が双日マシナリー(株)在職中、酒井から取り戻した商権のフィンランドのケト社も毎年子どもたちにプレゼントを贈ってくれます。九州で主人と一緒に仕事をしていた会社の方からも優しいプレゼントが届きました。まだ皆さんの中に主人が一緒に生きていて、皆さんと時間を共有していることがとてもうれしいです。ありがとうございました。
 夜、とてもクリスマスなど祝う気のない私に、子どもたちがプレゼントをくれました。
本当は私がプレゼントをあげる側なのに、子どもたちは何とか私を励まそうとしてくれているのです。99円ショップで買ってくれたのど飴は大切に祖母と分けました。

 
c0013698_094485.jpg


c0013698_0101376.jpg

12月22日  

 
  仲裁

 現在私は、双日(株)の子会社であり、主人が働いていた双日マシナリー(株)と話し合いをしています。

真面目に会社の指示で働いていて、そのために元上司に殺されてしまった主人が単なる事故死や病死であったような扱いで片付けられてしまうのは、「あまりにも人道的に配慮がないのではないか」と言う思いから、話し合いのテーブルを設けてもらっています。「人の命の重さ」をどのようにトップが判断するのか、話し合いは続いています。 

12月20日  



久しぶりにテニスをしました。私は忙しくてほとんど参加できないのですが、友人たちは週に何度かはテニスで身体を動かしています。子どものこと、親のこと、仕事のこと、皆いろいろな悩みを抱えながら、この貴重な時間を楽しんでいます。中野区には哲学堂公園と上高田運動場に使いやすいコートがあわせて10面もあり、皆さんに喜ばれています。

12月18日  



 弁護士との打ち合わせ

12月16日  



児童館運営協議会

今日は子ども家底部子ども育成担当の職員に「(仮称)地域子ども家庭支援センター等
整備の考え方(案)」の説明をしてもらい、意見交換をしました。児童館の職員と何回か打ち合わせ、児童館機能、子育て機能をより充実させるための話し合いにしたいと、この地域の課題に内容を絞って今日の意見交換会を企画しました。地域で子ども育成活動に関わっている人たちばかりなので、活発な意見がでました。今年度、私は北原児童館運営協議会の代表になっていたので、少しでも皆の思いを行政に届ける機会を作ることができてとてもよかったと思います。

 

12月15日  


美容院に行き、髪を切っていると、私を担当してくれていた女性に学校から電話が入りました。「お子さんの具合が悪いので迎えにきてください。」と言うものです。彼女は小学生と保育園に子どもを通わせているお母さんです。「今日はお客さんが多くなるので気合を入れて踵のとても低い靴を履いて備えているのです」と教えてくれたばかりの時でした。彼女がここでお店を早退したら、ただでさえ忙しいお店は大変な状態になると思われます。彼女は下を向いて、それでもお客である私に、別の話で気分を変えてもらおうとしていました。女性が幼い子どもを抱えて働く時、本当に必要なのは、子育ての計画書でも、つらい時に相談できる相談員でもなく、困った時に無料又は安価で助けてくれる人間の存在なのではないでしょうか。少子化が国を上げての課題となっているのですから、働くお母さんをサポートしてあげる「人」にお金を掛けてあげたいと思うのは私だけなのでしょうか。

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.