近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

<   2007年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧  

6月29日  


 
「中野市民の会」

毎月1度集まって、今日までの中野区の政治や生活の史実について話し合っています。

6月28日  



区民委員会

昨日に引き続き以下の報告を受けました。
● 第2期中野区環境審議会答申について
●「中野区環境調査結果概要 平成19年度版(速報)」について
● プラステック製容器包装の回収地域の拡大について

 平成20年度中には区内全域でプラスック製の容器と包装を資源として回収することになりました。それに先駆け、一部の地域で先行回収が始まります。今まで燃えないゴミとして出していたトレイやシャンプーのボトル類、ラップ類、カップラーメンのカップ、発泡スチロールなどを、CDやビデオテープなどの燃えないゴミと分けて回収するというものです。増え続けるゴミの処分場の問題を踏まえ、消却施設設備の高度化(高温消却)ができることで、これまで「燃えないゴミ」と言っていたゴミを、燃やしていく取り組みに換えていくためです。高温で害を出さない処理のため、公害問題や人体における害は大丈夫であると専門家は説明しているのですが、温暖化との問題、分かりにくい分別の基準、わかりにくい周知方法、チラシについてなど私は質問しました。

6月27日  



区民委員会

委員会参与の紹介の後、以下の報告の説明を受けました。

● 区有施設の耐震判断結果と対応策について
● 鷺宮地域センターの耐震補強等工事実施に伴う仮事務所の設置について
● 戸籍法及び住民基本台帳法の一部改正について
● 住民基本台帳ネットワークシステムの運用状況等について
● 「中野区産業環境基礎調査」の結果について
● 平成18年度(2006年)財団法人中野区中小企業退職金共済会の経営状況報告について

中野区では「産業調査等」と言って立派なパンフレットを作っていますが、そのパンフレットの内容をどのように生かすのかが全く見えてきません。特に産業分野は、時代の変化が早く、ニーズも刻々と変わり続けています。現状を調べた内容を立派なパンフレットにすることに、お金をかける必要は全くないと思います。パンフレットを作成、眺めているうちに、状況は変わり、出来上がったころには役に立たないものになってしまうこともあります。職員で検討するたたき台として、最低限のデータをまとめた書類で構わないはずです。そのデータを区民のためにどう生かすかを、速やかに対応するのが行政の仕事であるべきです。立派なパンフレット作成に満足してしまって、職員の仕事がそこで終わってしまっている感がいなめません。これは区民委員会だけのことではなく、前回所属していた厚生委員会でも同様でした。職員は、パンフレットを作るだけでなく、その内容を検討し、区民の生活の充実のための施策作りに全力をそそいでいただきたいと思います。

 6月25日  



一般質問

 本日の一般質問で、近藤さえ子は以下の質問をしました。
質問の全文については、「小枝ネット」の「私の議会活動」に載せています。

1、中野区における犯罪被害者等支援について
2、高齢者を支える仕組みについて

(以下質問の要約)

1.中野区における犯罪被害者等支援について

●今月20日、国会において、犯罪被害者等の権利利益の保護を図るための刑事訴訟法等の一部を改正する法律が成立しました。犯罪被害者・遺族が刑事裁判の法廷で加害者に直接質問などができる「被害者参加」制度の導入など、今までの裁判の仕組みを大きく変え、被害者・遺族の権利が拡充されました。国の犯罪被害者の支援策が目に見える形で進み、自治体の支援策の取り組みが求められる中、中野区では実際に動きがあるのでしょうか。

●中野区にお住まいで、ご主人を刑事事件で亡くされた方は、病院通いを続けながら毎日区役所の各種窓口に電話をする日々を過ごされましたまだ犯罪被害者の権利、支援が確立されていない時の経験ですが、「結局、区は何もしてくれなかった」とおっしゃっていました。

●「各種相談窓口があるから、どうぞそちらにお願いします」と言うのは、犯罪被害者等に対しあまりにも冷たい対応ではないでしょうか。基本法が示す、自治体としての責務を果たすおつもりはあるのでしょうか?  

2、高齢者を支える仕組みについて

●2004年区が立ち上げた地域ボランティアによる高齢者見守り施策「元気でネット」
はボランティアが集まらず機能しませんでした。最初から難しいことは多くの区民も分かっていたことです。

●本当に支援が必要な高齢者に、そのニーズにあうサービスが提供できるネットワークの構築が急務ですが、区、地域包括支援センター、民生委員、サービス提供事業者、中野区社会福祉協議会等は連携を取りながら、うまく機能しているのでしょうか?

●地域で高齢者を支える仕組みの「要の機関」である地域包括支援センターに、もう少し人員確保が必要であると思います。

●今度立ち上げる区民主体のネットワークは、失敗に終わった「元気でネット」の時のように、むやみに区民のボランティアを募るのではなく、現在機能している高齢者を支える組織の総点検から始め、介護保険では補えないサービスを、誰が、どう、担保していくかを真剣に議論していき、高齢者のニーズにあった支援になるように取り組んでいただきたい
by kondou-saeko | 2007-06-25 22:30 | Comments(0)

6月22日  



一般質問

区民委員会正副打ち合わせ

6月21日  



中野区議会第2回定例会

一般質問
今日から17人の議員が区政に対して質問をします。
私は3日目25日になります。

6月19日  



参議院法務委員会傍聴

「犯罪被害者等の権利利益の保護を図るための刑事訴訟法等の一部を改正する法律」が参議院法務委員会で採択されました。傍聴席には座りきれない人たちが立ち見をするほどでした。この法案の採択の時を多くの方が一緒に見守りました。共産党と社民党は反対でした。人権を守ることを主張する政党が、なぜ、加害者の人権ばかり主張し、被害者の人権には鈍感なのかが最後までわかりませんでした。「被害者等が裁判のバーの中に入ったら、加害者に恨みをかわれるようなことを言われて余計に傷つく」などと心配していましたが、もうすでに被害者等は傷つき果て、どうにもならない思いで生きているのです。加害者は「良心に従い真実を述べる」と宣誓したところで、「良心」など持たない加害者たちは、勝手に嘘を言い続けます。被害者は亡くなってしまい、真実はわかりません。その自分が助かりたいために嘘を並べる加害者に対し、一言、「あなたは裁判の場においてもうそばかり言っていますね。心から被害者に謝ってください」と多くの人たちの前で言うことができる、そのことで被害者の遺族の苦しみは、わずかですが軽くなるのです。明日の国会の本会議で可決され、新しい法律ができます。

6月16日  


児童館運営協議会
 
毎年児童館で行われていた夏のフェスティバル、今年は、地域の人たちと学校の校庭を使って別なお祭りとして行われることになりました。いろいろな問題点等を話し合いました。

 
犯罪被害者の会

 今日は東海テレビが取材に来ていました。
被害者の会設立当時の話、犯罪被害者の権利と利益のための全国署名活動の話などを聞かせていただきました。身内を殺害されるという深い悲しみを抱えた人たちが集まり、これから被害者になってしまわれる人達には自分たちのような2重、3重の苦しみだけは与えたくないという思いから、被害者の権利と利益を求める運動を続けてこられた体験は、偉大な業績であり、尊敬と感動で言葉もありません。この法律を作ったからと言って、自分たちにはその恩恵は何もありません。被害者の権利と利益の運動のために、会の代表の岡村氏は、一時は、吐いて眠れない日々を送られたほど、体力的にも精神的にもつらい日々を過ごされました。その活動が実を結び、来週にも国会で法律となるのです。

「法律を変えた被害者の市民運動」に私自身も関わらせていただいけたことを、心からありがたく思います。

6月14日  

 
 友人たちと地元に新しくできたお店でランチをしました。他区で、すでに児童機能が学校に入っている所にお子さんを通わせている保護者の話など、とても参考になりました。また夏の塾の講習費が驚くほど高い話、クラスの電話連絡網が回らない話など、ママたちとの情報交換は、私にとって楽しくもあり、現場の今を知る、貴重なひと時です。


議会質問つくり準備作業

6月13日  



 参議院法務委員会傍聴

「犯罪被害者等の権利利益の保護を図るための刑事訴訟法等の一部を改正する法律」が衆議院で可決され、参議院での審議が始まりました。
衆議院の審議の時も行きましたが、今回は参議院の傍聴です。参議院の委員会室は、テーブルやマイクの作りも、衆議院より貴族的な雰囲気です。衆参どちらの委員会も氷のたくさん入ったお水を絶えず事務局の職員が議員に運んでいました。参議院では、アイスコーヒーも運ばれました。そんな1つをとっても、衆議院と参議院の違う雰囲気に驚いてしまいました。

内容は、本法案に賛成の立場の東大法学部刑事訴訟法大澤教授、地下鉄サリン事件被害者の会高橋シズヱさん、反対の立場の千葉大学大学院後藤教授、日弁連副会長細田氏が、参考人として、各議員の質問に答えていました。私のすぐ目の前に公明党の浜四津敏子議員、社民党の福島みずほ議員等がいて、活発に質問をしていました。(内容は参議院のホームページ「法務委員会」「30日以内に参院で行われた会議」の所の6月13日をご覧ください。尚、前日の委員会では民主党の前川議員が私の新聞記事の発言を取り上げ質問していたそうです。こちらも参議院のホームページで見ることができます。)

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
父の通院
at 2017-05-11 22:50
老人ホームの片づけ
at 2017-05-08 21:48
告別式
at 2017-05-05 22:45
通夜
at 2017-05-04 23:38
老人ホームの片づけ
at 2017-04-30 20:34
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.