近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

<   2008年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧  

9月26日  

 

平成20年第三回定例会一般質問において、私は以下の質問をしました。
質問の全文は、「小枝ネット」
http://homepage3.nifty.com/koeda_net/
「私の議会報告」に掲載しています。


1、副区長3人制について
 中野区は、23区内で唯一、副区長3人体制をとっている。『小さな政府』を築こうとする中で、また、公益活動に係わる『自治意識を持った区民』のほとんどが無償であるのに、特別に高給である特別職が多いことに矛盾はないか。
 また、部長職がないことで、決裁等が遅くなる。仕事がスピーディに捗らないと言う職員の声も聞く。経営本部体制そのものがうまく機能していないのではないか。

2、中野区政策研究機構について
 中野区は非常勤職員を採用して「中野区政策研究機構」という組織を設立した。
 調査結果から、中野区は75歳以上の高齢者の一人暮らし世帯が多く、23区で3番目の低就業率で、コミュ二ティや共同性に対する意識が低く『個人意識』が非常に強い事が浮き彫りとなった。この調査結果をどのように政策に反映させていくのか。中野区政策機構の提言に対する解決に向け、具体的にどのように動き出すのか。

議会質問のお知らせ  


第3回定例会 9月24日~10月24日 会期31日間


近藤さえ子は会期中、以下の質問を予定しています。

●9月26日(金)3時30分頃から  一般質問
(前の人の質問時間によって多少時間が変わります)

1、副区長3人制について
2、中野区政策研究機構について

●10月6日(月)午後2時ごろ 決算特別委員会 総括質疑

9月24日  



 本会議
 
今日から3日間議員による一般質問です。

9月22日  



平成20年度 一般会計第3次補正予算内示


つい先日第2次補正予算の内示があったばかりなのに、また補正予算です。
内容は驚くものでした。
この内容は議案が上程される(10月15日)までは、区民に公表することはできないのです。その議案が、区民にとって大きな課題であること、それにもかかわらず区民へ周知する時間がとれないようなスケジュールを組んだ事に対し、私は職員に厳しく意見しました。
しかし、多くの与党議員に守られている職員は、絶対的な自信があるようでした。

あまりにも驚く内容なので、もう一度説明の時間を貰いました。
10月15日にはお知らせすることになります。

9月21日  


 子ども会行事 アンデルセン公園

 4年前に子ども会で行って大好評だったアンデルセン公園(千葉県)に行きました。

54人が乗れるバスは、補助席までいっぱいになりました。
午前中は水着に着替え、虹の池と言う浅い池やアスレチックで遊びました。午後からは、あいにく雨になりましたが、子ども美術館で、木工作業などをしました。
違う中学校、小学校に通う子どもたち、違う学年の子どもたち、それぞれが、普段の自分と少し違う顔を見せられるのも子ども会の良いところです。そして何より、いろいろな経験をする間、自分たちを見ていてくれる大人がいることを感じることが、子どもたちの自信につながっていく様な気がします。

c0013698_23142822.jpg

虹の池

c0013698_2315242.jpg

こども美術館

9月18日  


 
野方地区議員懇談会

 野方駅の進捗状態を職員から聞きました。

9月16日  



 平成20年度 一般会計第2次補正予算内示
  
  

9月13日  



用事があり、娘と銀座に出かけました。銀座は、新しいビルやお店が次々できていて、その賑わいに目が回りそうでした。

その帰り、日本橋三越で開催していた田川啓二さんのビーズ刺しゅう展に行きました。

田川さんのビーズの作品は、雑誌やテレビでもよく取り上げられています。ドレス、着物、壁掛け、小物、椅子など、実際に見たそれらの作品は、ため息がでる美しさでした。サイン会でサインまでしていただきました。
c0013698_2081184.jpg

9月13日  


議会準備作業

連日、24日から始まる第3回定例会に向けての準備で、資料を集め、検討し、また友人や区民と情報交換などをしています。

さまざまな方と話す中で、よく「子どもが学校に行けない」と言う相談を受けます。
なぜ子どもたちは、学校に行けないのでしょうか?

それぞれケースは違いますが、少し学校を休んでいるうちに、「他の子どもたちは元気に輝いているのに、自分はついていけない」と自信を無くしてしまっているようです。
学校に毎日通ってはいても、不安や不満をたくさん抱えている子どもも大勢います。それでも学校に休まずに行く子どもは、「学校は行かなくてはならないものだ」と教育されているか、あるいは学校に行きたい何かがあるか、の2つのケースです。
「等身大の○○ちゃんで大丈夫だから出ておいでよ」と、本当に心から迎えてくれる友達や先生の存在があれば、今の不登校も少しは減るのではないかと思います。
アメリカの公立学校では、「不登校」は社会的に大きな問題になるそうです。それは、「学校に行かない」子どもが、学校以外で時間を過ごせる「家」も「ベッド」も「食料」も持たない場合が多く、すぐに、外をうろつく「不良化」に結びつきやすいからだと言います。

また最近では、不登校の大学生の問題も聞くようになりました。バイトなどで授業をサボると言うことではなく、「大学に行きたいのに行けない」と言う状態です。辛い思いをしている大学生や家族に対して失礼な言い方かもしれませんが、私には豊かな悩みに思えてなりません。しかし、これがそのまま大人の引きこもりと繋がってしまう可能性もあり、親にとっては放っておけない深刻な悩みです。

幼い頃から、欲しい物はほとんど手に入れてきた子どもたち。なんでも、どんなことも親が決めてくれた子どもたち。いざ自分自身で欲しい物を手に入れようと思った時、そのハードルがあまりにも高く、とても跳び越せないと諦めてしまっているように見えます。
家庭や地域や学校において、学齢期の子どもたちに「真の生きる力」を身につけさせることの重要性をつくづく感じます。 

9月5日  


 中野区交通安全対策協議会

■平成20年秋の交通安全運動実施要領(案)について
■平成20年度駅前放置自転車クリーンキャンペーンの実施について(案)

昨年度の都内における交通事故死者数は269人です。その中で高齢者は105人(前年+22人)と言う状況で、全死者数に占める割合は39%に達しています。その事故時の状態別では、歩行中と自転車運転中が91.4%を占めています。高齢者自身に交通安全意識を高めると同時に、運転者やその他の交通参加者に対し、高齢者への保護意識を高めるために、秋の交通安全運動が実施されます。
中野・野方消防署長、各地区の交通安全協議会の会長、PTA、民生児童委員の代表など大勢が集まり、行政の報告や中野・野方各警察署長の話を聞きました。

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
中野駅周辺・西武新宿線沿線ま..
at 2017-10-10 23:52
父の通院
at 2017-10-10 22:44
幼稚園運動会
at 2017-10-08 20:36
途切れない支援を被害者と考える会
at 2017-10-06 23:28
総務委員会
at 2017-10-05 21:43
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.