近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

<   2008年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧  

12月21日~26日  



小枝通信準備

新年早々に皆様の元にお届けできるように準備をしてきたのですが、日々の仕事、両親の用事等に追われ、印刷屋の年内締めには間に合わなくなりました。年明け1月の2週目から3週目には皆さんの元にお届けできると思いますので、ぜひご一読ください。

来年が皆様にとって良いお年になるように心からお祈りいたします。

来年もよろしくお願いいたします。

12月20日  



児童館運営協議会

日曜日に、児童館を子どもたちに開放してくださっている自主グループの方が、区に変わって運営するには、人材の確保が大変厳しいことを発言されました。ほとんどが地元の小学校の児童が利用している状況からすると、児童館の自主運営に小学校の保護者の参加も検討したいとの意見が出ました。 


犯罪被害者の会

今日は忘年会を兼ねてレストランでの集会になりました。

報告、食事が終わった後、岡村代表が、南京玉すだれ(日本の古典芸能のひとつ。昔から日本で縁起の良い松竹梅の竹を使用した芸として親しまれてきた。招福のおめでたい芸として様々な宴会・結婚式などで場を盛り上げてきた)の芸を披露してくださいました。

ご自身の奥様を、逆恨みした男に殺されてから、その悲しみと絶望の中で、「全国被害者の会」を立ち上げられました。そして、犯罪被害者等基本法、被害者参加・損害賠償命令制度、少年法の1部改正など、多くの法律を作ることに尽力されました。岡村氏の存在は私たち被害者にとっては神様のような存在です。

その岡村氏が、今日は「10年間やりたいことが何もできなかったのを爆発させたかった」と言って、チンドン屋さんに頼んで教えてもらっていたと言う南京玉すだれを踊り、歌い、様々な竹の芸術を見せてくださいました。報われない被害者たちを素晴しい頭脳と行動力で支えてくださり、さらにお忙しい時間を割いて芸を習い、披露してくださったお元気な姿に有難く涙が出ました。どこまでも自分自身が努力をし、誰よりも人に対して優しさを持つ、本当に素晴しい方です。 

12月17日  




 区民委員会


(仮称)区民活動センターへの転換に向けた運営の考え方(修正案)について審議しました。

当初(仮称)区民活動センターは平成21年7月にスタートする予定になっていました。しかし、運営委員会構成メンバーの検討中の所も多く、スケジュール的にも間に合わなくなり、地域センターから(仮称)区民活動センターへの転換までのスケジュール予定が変更になりました。

 (仮称)区民活動センターへの展開のスケジュール
平成20年 12月  「転換に向けた運営の考え方(修正案)」の策定
             議会報告
平成21年  1月    地区町会連合会への説明
         2月  「転換に向けた運営の考え方」の策定
         3月  議会報告
            地域への説明、意見交換

平成22年      区民活動センター条例の制定に向けた意見交換会開催
            パブリックコメント
            議会に区民活動センター条例(案)提案

平成23年  7月  区民活動センター開設
            運営委員会設立


中野区は、今まで公務員が担っていた仕事を区民の自治活動で支えていく仕組みを作ろうとしているところです。3月に、地域への説明・意見交換会もありますので、ぜひ、ご参加され、ご発言をお願いいたします。
 
私としては、「地域センターは、区民の大事な災害時の避難所にもなっている」ことを述べ、「非常時のしっかりとした職員の体制がなければ、区民は、自治活動、事務部分を安易に引き受けることは出来ない」ことを、先日の火事の例を上げて質問しました。

12月16日  



 正副委員長打ち合わせ

12月13日  



 第24回妙正寺川マラソン大会 役割説明会

 明日のマラソン大会の説明会に行きました。
今年から地元の野方地区委員会がマラソン大会を辞退したので、いつも中心になって準備をされていた方たちに会えなくなり、少々寂しい気持ちでした。
私の父や地域の方たちが始めたマラソン大会が、その形を変えていくことを改めて感じました。


 犯罪被害者支援のつどい

 杉並区で「犯罪被害者の現状と必要な支援」と題して山口県光市で起きた母子殺害事件の被害者遺族である本村洋氏の講演がありました。

杉並区は全国に先駆け犯罪被害者の支援に取り組み、平成17年には「犯罪被害者等支援条例」を作った自治体です。山田区長の挨拶、本村氏の講演、中学生と杉並区犯罪被害者支援員による寸劇、どれも素晴しいものでした。

500人以上の方が参加されました。たくさんの方が応募されて、お断りしなくてはならない状況であったそうです。杉並の担当職員、関係者の素晴しい取り組みに対し、参加された皆さんが敬意を表していました。

12月12日  



火災後のゴミ処理 


 先日の火事で2軒の家が焼け出されてしまいました。1軒は全焼、1軒は半焼です。
半焼のお宅は、焼けずに残った荷物を毎日整理されています。これらは自分でロッカー等を借りて預けなければなりません。

そしてさらに困ることは、水を浴び、使い物にならなくなったゴミを自費で片付けなければならないことです。清掃、危機管理などの担当に問い合わせましたが、自分で始末するしかないことがわかりました。仮にゴミの3トン車を10台頼めば、50万円程度かかり、労働者の工賃は別料金です。ゴミ処理自体には9割の減免措置が取られますが、また別に料金がかかります。
片付け中のご家族にその事を伝えに行くと「区は何もやってくれない。もらい火をして、被害にあった者に過大な負担がかかるのはあまりにもおかしいのではないか」と絶望し、怒っていらっしゃいました。
 その後、法律の専門家などにもいろいろ聞いてみましたが、出火元に重大な過失が無い限り、もらい火で被害を受けたゴミの処理費用は自分で負担する可能性が高いと言うことでした。
お祭りをしたり、地域活動をしたり、人々は集りますが、災難が起きた時、誰もが気の毒だと思いながらも、ゴミの処理などは危険も伴うので、誰も何もできない状態です。

このところ毎日のように高齢者世帯の火事を伝えるニュースを耳にします。犯罪被害者に続き、火事などの被害にあった方の対応についても、もっと考えていかなければならないと考えながら、ご近所にいながら何もできない状況が残念でなりまでした。

12月11日  

 
 中学校個人面談

中学校の個人面談がありました。
その後に、また、校長室で副校長、担任と、「話がしたい」言う保護者と懇談をしました。連日、学校とは問題点を話しているので、段々、問題の原因が見えてきました。

保護者が学校に対して疑問があった時、学校が、保護者の意見を聞いてくれる体制ができていて、すぐに話し合いができたことは、学校がかなり開かれてきているということです。お互い気がつかなかったことが認識できてよかったと思いました。

12月10日  


 近所の大火

朝、消防署からの電話で起こされました。近所の火事の知らせでした。すぐに現場に駆けつけると、児童館の隣のお宅が2件燃えている最中でした。消防士、消防団、警察、カメラマン等マスコミの人たち、近所の人たちがたくさんいて、活動し、見守っていました。火元のお宅は、抜け落ちた屋根の部分から、火花が空に上がっている状態でした。

幼い頃から知っていた方がお1人亡くなったと聞き、たまらない気持ちになりました。

 友人の告別式

10時から、友人の告別式に参列しました。うちの子どもと彼女の子どもは幼稚園が一緒で、知り合い、父の選挙の時にも手伝いに来てくださいました。その後、子どもの小学校、中学は別だったので交流もほとんどなかったのですが、何でもできる優秀なお嬢さんの話は何度も耳にしていました。

突然の訃報に驚き、悲しみ、言葉もありませんでした。「がん」だったそうです。お嬢さんは、涙も見せずに気丈に母親に別れをしていました。

葬式の知らせを聞くまで何も知らなかった私は、何年間も病気と闘っていた彼女のことを知り、愕然とするばかりでした。友人の死にどうにもならない悲しみで、胸が張り裂けそうな思いでした。


 本会議

11月27日から始まった第4回定例会が終わりました。
今回の定例会では、高齢福祉センター等、区の施設の指定管理者への指定が複数ありました。また、中野区青少年問題協議会条例が廃止され、中野区次世代育成推進審議会条例が出来ました。それぞれ、関係している区民にしかわからないと思いますが、定例会の度に区の組織体制が変化しています。

 今回の議会中、議会の中で注目されたことは、奥田けんじ議員のサンプラザについての一般質問の件でした。
奥田議員が発言した2つの箇所を議事録から削除することが議会運営委員会の協議で話し合われ、議長が本会議で、議事録からの削除を発表しました。議事録に残すことがふさわしくないと言うことです。私も以前、議事録を訂正するよう議長室に呼ばれて注意を受けたことはありますが、奥田議員はあくまで自分の発言は間違っていないと議長に対して主張したため、本会議上で議長からの言い渡しとなりました。

 私も前定例会でサンプラザに関する13億円の補正予算に反対の討論をした時に、議事時間が短すぎると言うのは、議会の運営に対する苦情であり、議会を否定しているため、議事録から削除すると議長と副議長の前で注意を受けました。しかし後になって、運営にケチをつけたものではないこととされ、議事録からの削除は無くなったそうです。

 本会議後、私は、近所の火事の件で、区の住宅対応など各部署で聞き、被災者が非難している地域センターに行きました。被害者の方とはお会いできませんでしたが、住宅対応のパンフレットを置いてセンター長に対応をお願いしました。
その後児童館に寄って、もう1家族の方の対応などを確認しました。

12月9日  

 

「中学校で授業時間と給食の時間が落ち着かない」と言う、うちの子どもと同じ学年の保護者と生徒たちの声を聞き、数名の保護者で授業時間と給食の時間を見学しました。

私たちが見学した時、生徒たちは静かに授業をしていました。その後、校長室で今の状態をお聞きしました。その後、給食の時間を見学しました。先生も一緒ですが、なかなか準備が整いません。よくよく見てみると、この学年だけウエイター方式を取っていることがわかりました。(一般的な給食配膳では、各自が給食を取りに行くバイキング形式が多いようです)ウエイター当番の生徒が配る間、手持ち無沙汰の生徒が席に座って待っていることができないようです。一緒に見学した保護者が、帰宅後、子どもにそれを話すと、給食のやり方をクラスで話して検討してみると言ったそうです。子どもたちにとっては「決まり」だと思ってやってきたやり方が、実は別に学校の「決まり」でもなかったことがわかったようです。学校での問題点の一つが、保護者の目を通して、子どもに理解させられてよかったと思いました

12月8日  

 

 交通対策・中野駅周辺まちづくり特別委員会

 1、西武新宿線各駅周辺まちづくり勉強会の活動について
 2、中野駅地区整備の検討状況について
 

「中野駅地区整備にかかわる構想(たたき台)について」 と言う区民説明会で配られた資料を基に質疑をしました。議会で議論する前に区民に提示されていること、資料に描かれている内容が全くの「イメージ」であるため、何を検討するべきものなのかもわからないような資料であること、など、各委員からたくさんの意見がだされました。

中野駅地区は来年、再来年度に事業計画、都市計画が決定され、23年度から、北口整備、新北口駅前広場・駅舎整備に入る計画になっています。


 防災まちづくり特別委員会 傍聴

 「危機管理行政の現状と課題について」と言うテーマで明治大学危機管理研究センター研究員 佐々木氏の講演を聞きました。

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
中野コンポスト連絡会
at 2017-06-19 21:31
被害者の会
at 2017-06-17 22:29
児童館運営協議会
at 2017-06-17 21:23
途切れない支援を被害者と考える会
at 2017-06-16 23:21
総務委員会
at 2017-06-15 22:17
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.