近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

<   2009年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧  

本会議一般質問のお知らせ  


現在、平成21年第1回中野区議会本会議中です。
(会期は2月17から3月23日まで)

近藤さえ子は、2月23日(月) 一般質問します。

時間は午後3時過ぎの予定です。(前の議員の質問時間の関係で時間が
前後します。ご了承ください)

質問内容は以下の予定です。

  (1)高齢者の支援について
  (2)まちづくり条例について
  (3)ネズミの駆除について

2月17日  



 平成21年度第1回定例会

 今日から3月23日まで35日間、平成21年度第1回定例会が始まりました。

今日は、定額給付金及び子育て応援特別手当の給付に要する事務費と定額給付金の給付時期に合わせて発行する「プレミアム付き商品券」の10%のプレミアム分、商品券の印刷代等を予算化するための「平成20年度中野区一般会計補正予算」の採決がありました。
 
中野区民の定額給付金給付額(見込み)・・・・・44億6132万円
  世帯数183,389世帯(1月29日現在)
  事務費                     2億1054万8千円
  子育て応援特別手当支給額(見込み)       7929万円
  (対象となる子2200人)

中野区商店街振興組合連合会が発行する10%のプレミアム付き商品券の発行支援
                       5億5千万円(うち区負担5千万円)
 
予定スケジュール
 申請書送付    3月11日(水)
 申請の受付    3月13日から9月14日(月)まで6ヶ月間
 給付金の給付   口座振込 3月30日(月)
          現金給付  4月1日(木) 9時~4時まで窓口開設
          地域センター   (4月1日~4月16日)
          区役所本庁舎  (4月17日~9月14日) 
                   4月17日~4月30日は土・日・祝日も開設


 定額給付金と子育て応援特別手当は国から100%の財源が下りてきて地方自治体が事務を行います。中野区は「どこの自治体よりも早く、年度内になんとしても定額給付金を区民に配りたい」と、本日始まったばかりの議会に先議での扱いで議案を提出しました。

この内容は区民生活部所管なので区民委員会も審議のため開かれました。公明党の議員からどこの自治体よりも早い取り組みをしてくれたことに感謝の言葉がありました。

私は以下の点を何点か質問しました。

●まだ国会で定額給付金そのものの法案が通っていないのに、なぜそんなに急ぐのか。
●もし、国会でこの法案が通らなかった時は、事務作業に雇う人材費やその他の経費が無駄になってしまう。そのリスクをどう考えるのか。
●定額給付金を推進する政党は「早くやって欲しい」など、それぞれの要求があるかも知れないが、行政はリスクのある懸案に急いで踏み出すこと必要はないのではないか。

まだ国会で決定されない前に、「どこの自治体よりも早く、急いで準備を始め、年度内には振り込み作業を始めたい。早く区民に配りたい」と言う区長の考え方は、私には理解できません。他の多くの自治体は「国会で法案が通ってから速やかに始める」と言います。当然の見解です。
小泉元首相も定額給付金に対し疑問発言をする等、国会の自民党の中からも様々な声がありますが、中野区の区長の「国会で法案が通っていなくても、とにかく急いで定額給付金を配る用意をして欲しい」と言う提案にほとんどの議員が賛成でした。

本会議で 賛成  自民14人・公明9人・共産6人・無所属4人 
       反対  無所属1人
       退席  民主4人  無所属1人

賛成多数で、中野区はどこの自治体よりも早く定額給付金を配る議案にGOサインを出しました。

私はそもそも定額給付金に疑問を感じ、国民の税金はもっと有意義に遣われるべきだと考えています。賛成ではありませんが、国会の法案が通過してしまえば、それに反対しても仕方がないと思っていました。しかし、まだ国会で法案通過も見ないうちに、自治体の被るリスクを無視して年度内の給付開始を急ぐべきではないと思います。
悩みましたが、民主党と共に議会を退席しました。

2月16日  



 区民委員会正副打ち合わせ

 明日の本会議の後に開かれる区民委員会の打ち合わせをしました。

2月15日  



 中学校 学校開放当番

 同じクラスの保護者3人と1人の保護者のお子さんと4人で図書館の開放をしました。
この日図書館に来てくれた人は、大人1人、小学生1人の計2名でした。

2月13日  



 補正予算内示

 平成20年度 中野区一般会計補正予算(第7次)の内示がありました。


 介護保険認定

 父が入院している病院に介護保険の認定に立ち会いに行きました。
たまたまその病院が区役所に近く、私は仕事の間に行き来ができましたが、働きながら親を介護する人たちの多くは、なかなかうまく時間がとれません。介護保険を申請するのも大変です。例えば、介護保険の認定作業を夜や日曜日にもやって欲しいとの声もあります。

働きながらの子育ても大変ですが、介護と仕事の両立は別の面で厳しいものがあります。


 一般質問取材

 区役所に戻り、職員から一般質問の取材を受けました。2月23日の本会議で質問をします。

2月11日  


「だんぼーるこんぽすとのすすめ」講演会

 中野・コンポスト連絡会が地域センターで「だんぼーるこんぽすとのすすめ」の講演会を開きました。
福岡のNPO循環生活研究所理事の波多野信子さんから、ダンボールコンポストについてのお話がありました。
少しでも多くの人に参加してもらうために、会員たちは、区の掲示板にポスターを張ったり、チラシを配ったりしました。そのかいあって30名を越す人が集まりました。

段ボール内で、ゴミが簡単に堆肥になっていく話を、皆さん興味深く聞いていました。

2月7日  


 
スケアード・ストレイト教育技法による自転車交通安全教育


中野区立第一中学校で、4月から統合する中野区立富士見中学校と合同の「スケアード・ストレイト教育技法」による自転車交通安全教育がありました。

「スケアード・ストレイト(Scared Straight)」とは、直訳すると「恐怖を直視させる」と言う意味で、受講者に「恐れ」を与え、恐れさせることにより、社会通念上望ましくない行為をさせないようにする教育手法の1つです。

警視庁、中野区と中野区立一中、富士見中の2校の協力で、自転車交通安全教育が行われました。生徒たちは、最初に教室で正しいルールの短い説明を受けた後、スタントマンによる実際の交通事故の様子を目の当たりに体験しました。目の前で、何度も車に跳ねられるスタントマンを見て驚き、生徒たちも、招待を受けた関係者(中野区交通安全対策協議会メンバー)も声も出せない状態でした。その後、生徒たちによる2人乗り、傘を差しての運転など、やってはいけない行為の実演がありました。

今までの自転車安全教育は、自転車の正しい乗り方や交通ルールを児童たちに実演させる方法でしたが、正しくない方法を行った時の恐怖を体験させる方法は、確かに効果があるようです。2人乗り運転をして、細い道、がたがたの道等を走らされた後、インタビューを受けた生徒の1人は「2人乗り運転、超やばですよ!」と真面目な顔で答えていました。大変迫力のある教育法で、生徒たちの心に安全の大切さが響いたようです。

実際、映画やテレビなどで活躍しているスタントマンを使っての講習は大変見ごたえがあり、たった2校の生徒とわずかな大人が見学しただけではもったいない気がしました。この取り組みが、中野区のモデルとなり、今後他校で実施されることも検討するそうです。

c0013698_059457.jpg
自転車に車が追突した様子

c0013698_104915.jpg
内輪差に気づかず、車のすぐ横を自転車で走行、トラックに巻き込まれた様子

c0013698_134095.jpg
傘を差して2人乗りの自転車に傘を差した自転車が前からぶつかった様子

c0013698_0563458.jpg
車と自転車の衝突

c0013698_144064.jpg
中学生が2人乗りででこぼこ道を運転する様子

2月3日  



  ネズミ被害

 我が家では、この半年間、天井の上で何かがさがさと音がしていました。気にはなっていたのですが、屋根を猫でも歩いているのかなと思い、あまり気にしないで過ごしてきました。
ところが1ヶ月前ぐらいから、明け方になると、ネズミが何かをかじっている様子であるガシガシという音がするようになりました。とてもうるさくて、気持ちが悪く、眠れません。友人、保健所と相談しましたが、業者にねずみ駆除をお願いすることになりました。駆除には10万円単位の費用が発生します。

 両親の介護、4年にわたる犯罪被害者としての活動など、私の苦しい経験をよく知る友人に「ねずみの被害でよく眠れない。なんで私ばかりこんな目に合うのだろう」と話すと、「近藤さんは、自分の身に大変なことが起きるから、大変な人の声を代弁して、議会に届けてくれている。大変な思いをしている人は大勢いるはず。でも、その人たちは声を出すこともできずに、我慢して過ごしている。その人たちを代弁し、介護問題、教育問題、被害者の立場など、声にならない多くの人の思いを行政に届けることは、大変意義があると思います。何も問題意識のない、幸せな人ばかりが議員だったら世の中は全然良くならないでしょう」と励ましてくれました。

昨年亡くなられた民主党の参議院議員の山本孝史氏は、自分がガンであることを公表し、ガンと戦いながら「ガン対策基本法」の制定に尽力されたことを思い出しました。
辛いことですが、この国では、困った人が多くなっても、何らかの発言権を持つ人が「困った体験」をしなければ、何一つ変わらないのかもしれません。

2月2日  



 暮れに転倒し、歩行困難になっていた父が、実は大腿骨骨折をしていたことがわかり、先週入院し、今日は手術を受けました。「転倒予防」は以前から声だかに言われてはいますが、高齢者の転倒の怖さを改めて認識しました。

父親の転倒時から、歩けない母と両の親の介護や用事、介護保険の手続きなどに振り回されてきました。そもそも、多少障害や不便を抱える高齢者でも、できるだけ自宅で過ごせるように、介護する家族等の負担を減らせるように、という目的で作られた介護保険ですが、今の介護保険だけでは、日常生活が成り立たない部分がたくさんあります。これから加速度を持って進んで行く高齢化社会では、高齢者の身体的ケアはもちろんのこと、介護する家族のケアがとても大事だと身をもって感じる日々です。
by kondou-saeko | 2009-02-02 23:40 | Comments(0)

2月1日  



 地域ふれあいボーリング大会

毎年恒例の地元の町会と子ども会の合同のボーリング大会です。歳末助け合い募金地域活動助成金を受けての事業です。

80代から幼児まで参加しました。ご高齢の方もストライクを出し、その時の笑顔は、子どもたちに負けない最高の笑みでした。参加者の中には、「奥様さんに『ずっと家にいないで何処かに行ってらっしゃい』と追い出された」と笑って参加したご高齢の男性もいました。ボーリングの後の懇親会で、中華料理を全て平らげたのは、70代以上の方のテーブルだけでした。「出された物は残さない。私たちはそう教わってきたから・・・」若い人たちは多いに学ぶことの多い地域の行事になりました。

c0013698_5524966.jpg

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
決算特別委員会 総括質疑
at 2017-09-21 08:25
一般質問
at 2017-09-11 22:58
佐賀県市町職員等を対象とした..
at 2017-09-08 22:52
一般質問取材
at 2017-09-06 22:49
沼袋区画街路第4号線沿道地区..
at 2017-09-03 20:52
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.