近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

<   2009年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧  

6月29日  


研修会「犯罪被害者を地域で支えるには」


 中野区の保健福祉部の職員を集めて「犯罪被害者を地域で支えるには」という研修がありました。

お子さんを無謀運転の交通事故で亡くされた被害者支援団体のN氏、被害者支援団体、犯罪被害者相談員N氏、両氏のお話を伺いました。
この話を受けて、「中野区ではどんな支援が可能であるかを考えていきたい」と担当職員が保健福祉の職員たちに投げかけをしていました。犯罪被害者の現状を知り、自治体で出来る支援を職員が考えるこの試みは、とても良いことであると思いました。しかし、条例がない中野区で、ただでさえ忙しい保健福祉部の職員たちは、どのようにして自分たちが動けばよいのか、当惑している様子でした。

 被害者のNさんは、お子さんを亡くし大変辛い中、地域の人たちの協力に救われたとおっしゃっていました。食事の手配、フリーマーケットでの資金作りなど、被害者に優しい地域づくりがそこにはあったように思われます。彼女の暮らす自治体には犯罪被害者に対しての「基本条例」があり、住民は動きやすかったのではなかったのではないでしょうか。この自治体は、現在、犯罪被害者の「基本計画策定」を進めているそうです。傷ついた住民に優しい自治体では、住民たち自らもさらに優しい自治体作りに参加しています。

Nさんに「なぜ、中野区は条例がないのですか」と聞かれ、「一般質問で私は質問もしましたが、区長が必要ないと考えるから」としか答えられず、情けない思いをしました。Nさんの話からも、被害者に優しい自治体は、住民同士に思いやりの心が育つ自治体でもあることが、よく理解できました。
中野区長が犯罪被害者等の条例を作らないのは、その条例を望む人が多くないからだという話を耳にした事があります。この被害者支援の問題は、もちろん誰一人自分が被害者になることを望む者はいないが、万が一起こった場合にすぐ対応できる仕組みを考えることであり、必要とする人が少ないから必要ない、と言うことは犯罪被害者の支援には全く当てはまりません。犯罪被害者の存在を考えることで、近隣の傷ついた人間に対する優しさを多くの人が認識し、ひいては犯罪予防に繋げたい、それが犯罪被害者等のための条例作りなのです。
今日は、他の自治体の進んだ施策を聞きながら、多忙な区職員たちが研修に一生懸命でしが、中野区のトップの「条例は必要ない」と言う考え方は、犯罪被害者等の支援を明らかにやりにくくしていると思います。

6月27日  



 ある自民党員の方とお話をする機会がありました。
「なぜ、区議会議事堂に日の丸が必要なのか。民主党政権になると何が良くないのか」などを伺いました。また、中国と日本の関係を大変気にされていました。

6月25日  



緑野中学校区地区懇談会


今年度から「北部地域子ども家庭支援センター」の主催で、「緑野中学校区地区懇談会」が発足されました。地域の子どもや家庭をめぐる様々な課題の解決に向け、各地域の団体の代表が協議する会です。私は「北原児童館運営協議会」を代表して出席しました。

近隣の中学校、小学校の校長先生や児童館の職員も一緒に話し合うので、子どもたちの様子の情報交換ができることはとても良いと思います。
以前中野の中学校に勤務され、今回近隣小学校に着任された副校長が、「小学校入学当初まったく落ち着きのない児童たちに大変手を焼いたが、段々落ち着いてきた」と言う話をされました。その内容に、出席者の多くが、「今の子どもたちはそんなに手がかかるのか」と驚いた様子でした。私は逆に、以前勤められていた中学校に、落ち着きない生徒がほとんどいなかったという事実に驚きました。

また、中学校長が、『保護者の対応に振り回され、時間をかなり使わなければならない現状』などについて話されました。学校というところは、たった1人の子どもの存在、ほんの数人の保護者の存在だけでも、ガラッと様子が変わってしまうこともあります。そんな教育現場の話は大変興味深いものでした。

この会の趣旨は、子どもたちの乳幼児からの育ちを地域で応援して行くことです。中野区には児童館があり、頑張って活動する子育て支援のNPOなどの団体もあり、乳幼児や児童を支援する仕組み自体は、決して少なくはないと私は思っています。
今後の取組む課題としては、公の場所に出て来ない、出て来ることのできない親子を地域で応援し、良い人間関係を築いていくことだと考えます。

6月24日  


近隣の集合住宅

近所に建設予定の集合住宅の件で、近隣の方が訪ねて来られました。世帯主あるいは業者による説明を聞く機会が欲しいとのことです。もし説明会が開かれた場合、ご近所の他の皆さんも出席されるかなど、状況を伺いに何軒か訪ねて意見を聞きました。

6月23日  


義父の葬儀

義父の葬儀に娘と富山に行きました。
大変立派な通夜と葬儀でした。長い間、校長として働き、定年後は公民館長や教育委員を務め、市の教育界に、なくてはならない人であったと、参列者が弔辞の中で述べていました。県会議員、市長、教育関係者、多くの人が焼香に集まりました。

私は、このような地方のお葬式を初めて経験しました。その葬祭場の立派な事、送迎バスが家まで来て、着付けも斎場でしてくれます。東京に比べ、悲しむ親族にとっては肉体的な負担が少ないように思えました。このような点でも、都会が地方に見習うことが多い気がします。

6月21日  


義父の死

主人の父親が亡くなりました。73歳でした。長年教員として教育現場で活躍しました。野球部の監督時には、その高校を甲子園出場に導いたこともあります。
校長を定年後も地域のために働き、矍鑠と過ごしていましたが、5年前、40歳だった自分の息子を殺されて以来、すっかり気落ちしてしまいました。(「双日殺人事件」夫近藤浩が、2004年11月25日、元上司の酒井裕に雇われた坂本亮、高橋祐介、沢田将基、緒方剛、斉藤揚礼に襲われ殺された凶悪犯罪事件。)
義父の病名はガンでしたが、病気を告げられてから1年も経たずに亡くなってしまいました。心痛みます。

6月20日  



犯罪被害者の会

被害者参加制度に参加している被害者の方が、裁判の経過などを話してくださいました。その様子をNHKが取材に来ていて、後日放送される予定です。

6月19日  


 
警察大学校等跡地問題 勉強会
 
中野駅前の警察大学校等跡地に民間開発による高層ビルの建設が決まりました。この計画の見直しを求めて、中野区民と大学跡地に隣接する杉並区民が1ヶ月ほど前、提訴しました。
この警察大学跡地に対しては、長い間「大規模開発はやめて緑豊かな防災公園を」と願う住民の声が上がっていました。今回、訴訟を起こすことになるまでの問題点などについて、詳しい方を講師にお呼びしてお話を伺いました。

6月15日  

 

 本会議

今日で14日間の定例会が終わりました。

本会議の休憩中に開かれた総務委員会では、区の宿泊施設「軽井沢少年自然の家」に勤務する中野区職員が、関係業者から現金を受け取っていたなどとして懲戒免職になったと言う報告がありました。「軽井沢少年自然の家」は中野区の小中学生が「林間学校」として利用する宿泊施設です。そこを舞台に、また、中野区の恥をさらすような事件が起こってしまいました。

中野区の教育委員会の管轄では、以前、中野体育館でも横領事件がありました。
そして現在の教育委員会事務局次長は、かつての「タイムカード不正打刻問題」で自ら欠勤者のタイムカードを一ヶ月押し続けていた田辺氏です。「教育の現場に彼女が本当にふさわしいのだろうか」と言う区民の疑問の声を今も聞きますが、区長と与党議員に守られ、不正をはたらいた職員でも教育現場のトップの地位に就く事ができるのが中野区の現状です。

6月14日  



中野区視覚障害者福祉協会結成70周年記念祝賀会


中野サンプラザで中野区視覚障害者福祉協会結成70周年記念祝賀会がありました。
日本が戦争に入る直前の昭和14年から視覚障害を持つ方々が、励ましあい、助け合い、会を存続してきました。70年と言う長い歴史を築いてきた視覚障害の方々、ボランテイァの方々のご苦労、ご努力に心から敬意を表します。

1976年から会長に就任され、今は会長を退かれた安藤功氏は、全国から寄せられた書き損じの葉書き、使用済み切手の収集などを元に、自分たちの力でこの会を発展させてこられました。ご病気でストレッチャーに寝たままの姿でお嬢さんに押されて安藤氏が会場に入って来ると、会場には割れんばかりの拍手が起こりました。皆さんが安藤氏にどんなに信頼を置き、苦労を共にし、歩んで来たのかがよくわかりました。

会は、来賓の祝辞、大正琴、カラオケ、民謡などクラブ活動の発表、演歌歌手の歌など、
大変賑やかで、華やかなものでした。

演歌歌手、ソプラノ歌手など、さまざまなゲストが歌い、会を盛り上げていました。


c0013698_18391320.jpg

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
法務省
at 2017-08-10 22:06
第19回都市経営セミナー 「..
at 2017-08-10 21:53
父の通院
at 2017-08-08 20:25
報告書発送作業
at 2017-08-04 22:58
保育の充実と地方行政
at 2017-08-03 21:44
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.