近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

<   2009年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧  

8月31日  

  

 政権交代
 
 昨日の選挙の結果、民主308議席、自民140議席と言う結果になり、政権交代が実現することになりました。私は、地元の駅で民主党のながつま議員を応援しました。その時に「長崎では、薬害訴訟の原告団の福田衣里子さんが民主党から出馬し、原爆が長崎に落ちたのは仕方がないと言った久間元防衛大臣、自民党と命を懸けて戦っています。この国は、つらい当事者が戦わなければ声が政治に届かない国です。弱い者の声を届けてくれる、命を大事に考えてくれる政治家を選びましょう」と言う内容の事を言いました。皆さん静かに聴いてくださいました。
ながつまさんは自民党議員にダブルスコア以上の差をつけて大勝でした。長崎では福田衣里子さんも久間氏に勝ちました。しかし、自民党の中には、犯罪被害者の権利のために尽力してくださった大変優秀な国会議員の先生方もいらっしゃいました。その方がたが落選してしまった事はとても残念です。

 私はこの選挙を通して、国民は、まるで自分たちのことを考えてくれない自民党にうんざりし、民主党に投票したように思えました。小泉改革で自民党は、圧倒的な数にモノを言わせ、自分たちの仲間にはどこまでも甘く、考え方の違う人たちに対しては、とても冷酷な態度を取ってきました。そのつけが一気にこの選挙で爆発したように感じます。民主党政権には、人間が人間らしい社会生活ができる国づくりをしてもらいたいと思います。
中野区では、自民・公明党が与党です。国と東京都と民主党が第1党、中野区の民主党は40人中、たったの4人です。これからは国と都と中野区は、ねじれ議会になっていきます。

8月30日  



 衆議院議員選挙の投票日

 私が投票に地元の小学校に行きました。入り口で名簿をチエックする受付にも、投票用紙の引き換えるブースにも列が出来ていました。今まで私が投票に行った中でこんなに混んでいたことはありませんでした。若い人もたくさんいました。

 夜、開票が始まると、あっと言う間にテレビに映る画面には、民主党の多くの候補者に当選の文字が記されました。多くの小選挙区では、民主党が当選しました。

8月26日  



 四水会

 7月に続き、まちづくりについての話し合いをする予定でしたが、このテーマについて発表するはずの林議員の急な欠席で、教育問題、中野区の自治活動など、テーマを広げ、話し合いました。
中野区の自治活動を支えてきた皆さんのお話を伺っていると、中野区はかつて本当に住民自治の進んだ区であったことがわかります。この方たちは、今も地域の中学校や公園に花を植えてくださったり、公園の緑を残そうと活動されたりしています。

8月25日  

 

 次世代育成支援行動計画(後期計画)の策定にかかる意見交換会

中野区では現在、平成17年~21年度を計画期間とする次世代育成支援行動計画(前期計画)の改定作業をしています。今年度末の後期計画策定に向けて中間のまとめができたため、地区懇談会委員のメンバーが意見交換会に呼ばれました。

集まった委員からは、特別支援学級の充実、支援を求める通常クラスの児童への配慮などの意見が複数でました。また、携帯電話の問題、地域の子育て支援の担い手の問題、保育園・幼稚園など、継続性のある職員の確保、区の子ども家庭部と教育委員会の連携の必要性など、地域の人たちは、区の行き届かない部分を良く見ていると思いました。

会合終了後、一緒に参加していたお母さんと話をしました。彼女は、子どもの数も多く、障害を持つお子さんもいます。また障害を持つ子どもがいるということで別の子どもはいじめにも遭っているそうです。受験生の子どもは、「私立に行かせたいが金銭的に私立に行く事はできない」と様々な問題を聞かせてくれました。

「子育て支援」と言って意見を聞く会はありますが、実際に障害を持つ子どもや、いじめに遭う子どもがいても誰も手を差し伸べていないのが現実です。中野区では田中区長の元、私たちの子育て現場に近い所から職員を削減しています。私たちは、子どもやお母さんたちを孤立させない、辛い時に共に子育てをしてくれる人がいる、支援を望んでいますが、現実は、ますます孤立していく子どもとお母さんが増えていると感じます。

8月24日  



「景観と住環境を考える全国ネットワーク」シンポジウム

 「もっと安心して住める、市民がまちづくりに参加できる都市をつくろう」と法律の見直しを考えている人たちが集まるシンポジウムが開かれました。私も、他区の無所属の区議会議員から連絡いただいて参加しました。地域開発のあまりにもひどい現場を見てきた人たちが中心に署名運動も行っています。新政権が誕生後、都市計画法の見直しを国会に請願する予定です。

海外の都市づくりの制度を参考にして、以下の4つです。

1、都市計画・まちづくりに関する地方分権を徹底し、自治体独自の条例制定権を全面的に認めること。
2、民間建築確認はもとより、建築確認制度そのものを廃止し、建築は自治体による許可制とすること。
3、都市マスタープランが「絵に描いた餅」に終わっている現状を改めるため、策定過程における早期住民参加を保障するとともに、都市計画・すべての開発計画もこれに拘束されるものとすること。
4、まちづくりに関する一連の規制緩和策(容積率規制や斜線規制の緩和制度など)を抜本的に見直すこと。

 多くの参加者から、今の法律を変え、すこしでも過ごしやすい環境を作っていきたいと、活発な意見が出ました。新政権が、命や環境に優しい政権になることを期待します。

8月23日  


 
「国際被害者学シンポジウム」

 茨城県水戸市で「第13回国際被害者学シンポジウム」が行われました。

この「国際被害者学シンポジウム」は世界被害者会の主催で、世界から54の国と地域が参加しました。日本での開催は27年ぶりです。

午前中は常磐大学で「被害者参加プログラム」と言う市民フォーラムが行われました。
第1部は「知っていますか?刑事裁判へのかかわり方」
裁判員制度よりも早く始まった被害者参加制度を経験した被害者の声、参加制度が出来る前の被害者の声、両者の声を聞きました。どのように裁判の様子が変わったのかが具体的に知ることが出来ました。

第2部は「さまざまな被害者の声」
無謀な運転の交通事故で1人息子を無くされた鈴木共子さん、元デートDV被害者中島幸子さん(恋人からの暴力被害)、中学生暴行死の遺族、尾崎后生氏の講演がありました。
皆さん極限のつらい思いを経験された後で、他の多くの被害者たちの力になろうと立派な活動をされています。同じ被害者として本当に頭の下がる思いです。
 中野区の犯罪被害者等支援窓口の担当職員も勉強に訪れていました。休日にもかかわらず、水戸まで勉強に出かける、中野区の現場の職員は本当に頑張っているのだと思いました。

 午後からは「第13回国際被害者学シンポジウム」の開会式、ウェルカムレセプションがありました。
このシンポジウムはドイツで1979年に始まった「世界被害者学会の第30周記念」にあたるものです。3年に1度、世界中の被害者学、被害者支援などの分野の専門家が集まる会合です。
この記念の式典に、タイ王国のプリンセスHRH Princess Bajrakitiyabha Mahidolも出席されていました。
日本からは、内閣府特命担当大臣、法務大臣、日本弁護士連合会長、茨城県副知事、水戸市長、それぞれの代理が来賓として挨拶をされました。

 私が属する「あすの会」の岡村代表も、タイの王女様の後に特別講演をされました。全世界の被害者学を学ぶ学者、弁護士、政治や法律関係者、そして多くの被害者に向かい岡村代表が語られた講演は素晴らしく、最後の結びの言葉は感動でした。
「(以前は)裁判では被害者は蚊帳の外に置かれ、ただ我慢し見ている他ありませんでした。日本では、加害者の人権だけが守られてきました。他の国よりの何十年も遅れていた被害者の権利を取り戻す戦いを、被害者当事者が起こし、先進国が20年かけて作ってきた制度を、わずか10年で作りました。まさに犯罪の被害者たちは悲しみの中で、世の中のおかしさを訴え、突っ走ってきたのです。こんな(異常な)事は、私たちの国が最初で最後にしていただきたい。」

本当にその通りです。国には、政治があり、学会、審議会、様々な立法に携われる機関があるのです。それなのに、悲しみと苦しみのどん底にある被害者自らが、署名運動や国家への陳情活動をしなくてはならない、こんな国は日本だけだと心から思いました。どうすることもできない慟哭の中から被害者自身が一つ一つ積み上げて来た思いが、ようやく認められ、「犯罪被害者等基本法」や「被害者参加制度」へと繋がって来たのです。
日本の被害者の現状を世界に発信できるよい機会になったと思います。
 
「第13回国際被害者学シンポジウム」は、「被害者学と人間の安全」をテーマに金曜日まで茨城県の常磐大学で開かれています。

c0013698_14451618.jpg

c0013698_1446454.jpg

c0013698_144729100.jpg

Bajrakitiyabha 殿下王女は、法律の博士号で、タイで検事として働いています。
彼女は、女性、子どもの権利、利益のための活動をしています。
また、国連に代わって働いている親善大使でもあります。

8月20日  



若い青年2人のハウスクリーニング

 先日ニュージーランドからのホームスティ客を迎えるにあたり、私としてはかなり頑張って家の掃除したのですが、なかなか落とせない汚れがあります。
 クーラーなどもいつも自分で掃除していたのですが、今回、中の汚れの掃除を含めて業者に掃除を頼んでみました。やって来た若い2人の青年が、きれいにしてくれました。トイレもピカピカで新しくなったようです。

 7時を過ぎても仕事が終わらない彼らに「残業手当は何時から付くのか」と聞いてみると「夜の10時半から」との返事です。
 今は、個人の家の掃除をする業者の宣伝がよくテレビで流れ、チラシ広告が入り、その価格も以前より安くなり、消費者にも使い易感が出て来ました。
 その中で働く彼らは、強い洗剤を使うために手がぼろぼろになり、残業も付かない厳しい環境の仕事です。若者の仕事について、いろいろ話を聞きました。

8月19日  



犯罪被害者週間に向けて講師との打ち合わせ


 犯罪被害者週間(11月25日〜12月1日)に合わせ行われる、行事(11月27日)の講師をしていただく方との打ち合わせに行きました。

8月14日  


 お盆休み

今日は、娘の小・中学校時代の友人まで遊びに来て我が家は大騒ぎでした。・
暑い中、お盆を海外で過ごして帰国した人たちのニュースを横目でみながら、私はひたすら食事の支度です。
今の母親たちにとって「子育て支援の充実とは何か?」を考えていました。

8月13日  


 東京案内

娘は外国からの友人を迎えて、いつもにはない行動力で東京案内をしてきました。どこもお盆で大混雑だったそうです。
夕食に、近場の回転寿司に行きましたが、60人ぐらい並んでいました。諦めてテイクアウトをして自宅で食べる事にしました。

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
子ども縁日と花火大会
at 2017-07-15 23:56
新盆の来客
at 2017-07-15 23:40
父のショートスティ
at 2017-07-15 23:35
児童館運営協議会
at 2017-07-15 23:31
東京河川改修促進連盟 総会及..
at 2017-07-14 23:28
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.