近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

<   2011年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧  

7月25日  



 23区民自治の会


 東京23区の無所属の議員が区政会館に集まり、東京23区清掃一部事務組合の施設管理部の方から一般廃棄物焼却施設における放射能の影響等を説明していただきました。東京都のごみを焼却した後に出る飛灰からも放射性セシウムが検出されて、その処理にかなり手間がかかっています。放射性セシウムを含んでいるごみの種類が何なのかは特定できないそうです。ごみは灰になっても放射性セシウムはなくならないと言う大変やっかいで恐ろしい話です。

3月11日に発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故以来、そしてこれからも、このごみの処理作業に私たちの税金は使われていきます。議員の中からは、この不要の産物を東京電力に送り返したいと言う声も出ました。

7月23日  



  認知症グループホーム「おさたけ」


 近所の高齢者も一緒にイベントを楽しむことができるグループホーム「おさたけ」は、母と私にとってうれしい憩いの場所です。今日は小学生と中学生によるフラダンスを楽しませていただきました。ご近所の方から「次の催しの日もご一緒しましょうね」と声をかけていただきました。
高齢者が気楽に寄れる場所を地域に作っていくことがこれからの高齢者社会には必要なことです。「おさたけ」の取組みは素晴らしく、介護を必要とする高齢者を抱える家族として頭が下がります。

7月21日  



 フィットネスクラブ

 友人に「体験するだけでトイレットペーパーをもらえるから1度覗いてみたら・・」と言われて、女性専用・運動時間は1回30分間のフィットネスクラブに行きました。私は以前から肩こりがひどく、医者に「運動をするように」と言われていますがなかなか運動する時間を持てずにいました。週に2回30分くらいなら通えるのではないかと思い行ってみました。

そこでは10代から80代の女性がマシンを使って筋力トレーニングをしていました。施設に行ってみて驚いたのは、うちの子どもの同級生のおばあさんが、らくらく筋力トレーニングに励んでいたことでした。彼女は85歳でここの最高齢だそうです。
介護を受けずに生活できるよう体力を維持することの重要性が言われていますが、元気に年を重ねている方にはこんな努力があったのだと驚きました。

7月18日  


 駄画子館


 友人がグループで開いているイラスト・アート・クラフト展に行きました。
昨年はペットボトルのキャップを使った作品でしたが、今年は使い捨てコンタクトレンズの小さな容器をつなげて涼しそうな暖簾が作られていました。小さな1つ1つの容器の中に色紙で作った小さな折鶴が入っていました。細かい作業です。鶴以外にキリン、ペンギン等の折り紙の動物も数匹隠れていて、それを当てるゲームになっていました。子どもたちが喜びそうなとても楽しい暖簾でした。

友人のご主人の素敵なデザイン画などもありました。友人は仕事をしながら日々作った作品を、毎年展覧会を開いて披露しています。子育て仲間として知り合った時、小学生だった娘さんも今は成人となり、素敵な笑顔で迎えてくださいました。

7月16日  


児童館運営協議会

 すこやか福祉センターから地域ケア担当副参事の大橋氏が来てくださいました。
丸山児童館廃止後の乳幼児の居場所等の説明がありました。館長からは最近の児童館は来館者が増えていること、今年のハロウィーンの方向性など報告がありました。出席していた委員から、「中野区が児童館を無くしていく方針と、乳幼児の来館が増えている現実とを考えると、中野区の方向性が現状に全く合っていないことを示している」という意見がありました。私が昨日見学した「U18プラザ上高田」でも乳幼児連れ親子の来館が増えていることを実感したばかりです。乳幼児の居場所は大切であること、先日見学した新宿区の子ども総合センターの様子についてなど、私も発言しました。


子ども縁日と花火大会


 児童館と北子ども会の共催で学校の校庭を使い、「子ども縁日と花火大会」を行いました。これは、私が所属している子ども会の1番大きなイベントです。
今年も300人の子どもたちが手持ち花火を楽しみ、大人も含めると600人近くが打ち上げ花火を楽しみました。子どもたちはもちろん、地域の高齢者もたくさん訪れました。母も車椅子を押してもらい、久々に花火を楽しみました。

我が家の子どもたちも友達と一緒に準備から手伝いました。荷物運びから、子ども縁日の屋台、子どもたちの手持ち花火、打ち上げ花火と主力になって頼もしく動いていました。
打ち上げ花火の時、私は、子どもたちが前に出ないようにロープを持ってしゃがんでいる係りでした。花火が打ち上げられるたびに、「うおー!」「うわー!」と空を見上げて目を輝かせる子どもたちのうれしそうな顔を見るたびに、この行事を続けていてよかったと思います。たくさんの地域の方が喜んでくださり、主催側の1人として、大変うれしかったです。 

c0013698_0371565.jpg



 

7月15日  



 花火大会の準備

 明日の花火大会の準備をしました。手持ち花火を小分けし、児童館に運びました。

 
 「上高田児童館」と「U18プラザ上高田」見学
  
どちらも子どもたちが元気に遊んでいました。「U18プラザ上高田」で話を伺うと、最近、乳幼児連れの親子の来館が大変増えているそうです。「U18プラザ上高田」は白桜小学校に近く、学校の中には「キッズ・プラザ白桜」もあります。それでも何人もの小学生も「U18プラザ」で遊んでいました。
このように2つの居場所を選択できる恵まれた地域もあります。先日議会で廃止が決まった丸山児童館のように、乳幼児親子が通える場所は学校内のキッズ・プラザだけになってしまう地域もあります。厳しい夏、家に居ても暑く、校庭や公園で遊ぶことが難しい時は特に、毎日通える児童館の存在が特に必要に思います。

7月14日  


 父の通院


 父の通院に付き添いました。医師に会う度に毎回同じことを話す父。その父について「こういう点で家族は困っている」と相談する私。先生は、毎回毎回どちらも同じことを繰り返していると思っていらっしゃるでしょう。そんな私たち親子に向かって、先生は笑顔で、「皆さん、そうおっしゃいいますよ」と言って安心させてくださいます。そして、付き添う家族に、「そんなにがんばらないで」とやさしく合図を送ってくださっているような気がします。

7月13日  

 

内閣府の職員と打ち合わせ
 

 内閣府犯罪被害者等施策推進室の二人の職員が私の控え室を訪ねて来てくださいました。
今年度の内閣府主催の「国民の集い」への出席を求められ、今日はその内容を打ち合わせしました。中野区の犯罪被害者等支援窓口の職員も加わり、現在の国や地方の状況などを教えていただきました。

7月9日  

 

 平和の森小学校 学校公開・セーフティ教室


1時間目、1,2年生の「犯罪に巻き込まれないために」の授業を参観しました。防災士の儘田宏さんがゲストティチャーでした。
お母さんにお使いを頼まれて子どもが出かけ、途中で出会うさまざまな誘惑について「この人に付いて行っていいでしょうか?」と言うクイズ方式の講演でした。さまざまなパターンを示しながらのクイズは大人が見てもよくできていました。子どもたちは真剣にクイズに答えていました。最後に、後ろから悪い人に抱えられそうになった時の逃げ方、抱え込まれた手をかわし、低くかがみ、次の瞬間にダッシュする「ロケットダッシュ」のやり方を中野区の学校で初めて実戦しました。子どもたちは体育館の自分の場所で猛ダッシュする練習をしました。

2時間目は、3,4年生の「万引きの誘惑に引き込まれないために」と言う題材でした。こちらは加害者にならない教育です。
私が推進する「子どもたちを被害者にも加害者にもさせないための命の教育」です。さまざまな犯罪を統計的に調べられ、防犯教育の必要性を強く感じている儘田氏の指導下で行われたことは、大変よかったと思います。


親戚の家訪問

今日は父と母を介護タクシーに乗せて親戚の家に行きました。
私は6月24日の本会議の一般質問で、「高齢者、特に足が不自由な高齢者が外出するには、介護タクシーなどの移動手段が必要である」ことを質問しました。介護が必要な両親を外出させるには、家族は精神的にも肉体的にも大変なことです。介護保険では制限でがんじがらめです。自費でホームヘルパーの方をお願いし、一緒に行っていただきました。普段どこにも外出できずにいる母は大喜びでした。

我が家の野方から環七をまっすぐ、駒沢通までの往復を介護タクシー利用で13,230円でした。これにヘルパーさんの経費がかかります。ちょっと出かけるにも足の悪い高齢者には大変なお金がかかります。
これからますます増えていく介護が必要な高齢者への対応は、現在はあまり知られていないNPOなどの存在を明らかにし、利用していくことも1つの方法であると思います。

 

7月7日  

 
  子ども会花火大会打ち合わせ


 来週の土曜日に行われる児童館と共催の子ども縁日と花火大会の打ち合わせをしました。毎年の行事ですが、子ども会の子どもたちがだんだん大きくなり、手伝いをしてくれるようになってきました。今年は、子ども会のママたちは少し楽ができるでしょうか。

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
父の通院
at 2017-05-11 22:50
老人ホームの片づけ
at 2017-05-08 21:48
告別式
at 2017-05-05 22:45
通夜
at 2017-05-04 23:38
老人ホームの片づけ
at 2017-04-30 20:34
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.