近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

<   2011年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧  

10月31日  



 子ども文教委員会視察

 新潟県見附市立今町小学校に視察に行きました。

鉄筋コンクリート造り3階建て延べ床面積6448㎡の学校の建物に、太陽光発電設備、雨水利用設備、地中熱利用空調設備が整っている小学校です。オープンスペースの教室では柔軟性のある教育活動が行われているそうです。玄関を入ってすぐの階段は、ホールを見下ろす観客席としても使用できます。わざわざ椅子を運ぶ必要もなく、とても良いアイデアと感心しました。

中野区では、現在の中央中学校の場所に新校を建設する予定になっています。環境に配慮した新校を作るためにいろいろ検討する上で、今回の視察となったのですが、地方の学校のスケールの大きさは、比較できない部分が多々ありました。

しかし、国からの補助金を受けて施設整備を進め、その後維持管理修繕費等に経費が係る問題はどこの自治体でも発生する課題です。他の自治体ではどのように考えているのかなど伺いました。芝の校庭等の問題も同じですが、国から補助金を受けられなくなる10年後からの維持管理費の対応をどうするのか、どこの自治体でも頭の痛い問題です。

市立 今町小学校  
階段が椅子代わりになる
c0013698_18332392.jpg
                      

オープンスペースの教室
c0013698_18335724.jpg


屋上にある太陽光発電のパネル
c0013698_1834209.jpg



 

10月30日  



 高校同窓会

 私の高校3年生の時のクラス会がありました。今回は学校の同窓会館で行いました。
先生を囲んで久しぶりに会う友人と楽しい時間を過ごしました。ほとんどの同窓生が結婚をしていて、子どもや孫の話になりました。

5年に1度開かれるこの同窓会で、孫と介護の話が出てくるようになりました。多くの同級生のお子さんが就職期を迎えており、厳しい現実の話題で盛り上がっていました。
担任の先生は校長先生になられて、もう12年目だそうです。私の仕事等のことにも気に掛けてくださっていて大変あり難く思いました。

10月29日  


 四中祭


 長男が卒業した中学校の音楽発表会に行きました。生徒たちは落ち着いて元気に歌っていました。
息子の同級生だった生徒さんの弟さんや妹さんが指揮者として活躍していました。
第四中学校は校章に四葉のクローバーが描かれていることから、生徒たちの襟元には四葉のクローバーのバッチが付いています。来賓として参加させていただいた私は、元気に真剣に歌う生徒たちの未来が幸せであって欲しいと心から願っていました。


 きたはらPTAまつり


 四中祭の帰りに小学校の行事も覗かせていただきました。
NPO法人「中野子ども空間」と「若一子ども会」の協力で「ミニミニ動物園」と言う動物と触れ合うコーナーもありました。子どもたちはうれしそうにミニ豚に触れていました。PTAの「わたがし」には児童の列ができていました。秋晴れの中、ベーゴマ、ドッジボールなど子どもたちの笑い声が響いていました。

また、町会の方、NPOの方、校長先生と、子どもたちの様子や地域の様子、先日「子ども文教委員会」で話し合われた臨海学園等の行事の問題点等の話をする事ができました。


 北中野中学校 開校50周年式典


 子ども文教委員として北中野中学校の50周年の式典に参列しました。
体育館には、中野区の関係者、歴代校長、地元町会長、中野区の他中学校長、PTA会長など100名を超える来賓が参加していました。式は1部と2部に分かれ、2部では、50周年を機会に新しくなる標準服と体育着の紹介がありました。また、2年生の生徒のトロンボーンの演奏がありました。彼は2010年日本ジュニア全管打楽器コンクールの中学生コースでの優勝者です。トロンボーンで素晴らしい演奏をする中学生の実力に感心しました。

10月28日  



 本会議


今日で31日間の第3回定例会が終了しました。

「防災・復興対策に女性の視点を取り入れることを求める意見書」
「子ども・子育て新システムの見直しを求める意見書」
「円高・デフレを克服する経済対策を求める意見書」
以上3本の意見書は中野区議会として国へ提出されることになりました。

「原子力発電施設を再稼動しないことを求める意見書」は反対多数で不採択となりました。

10月26日  


 地域支え合い推進特別委員会


中野区におけるポイント制度の検討状況等について

エコポイント、地域支え合いポイント、お買い物ポイント、この3つのポイントを連動させて、人とまちがつながることを目指したポイント制度の基本スキーム案が示されました。
来年7月から実施される予定のこのポイント制度、まだ検討段階であり、議員の質問にも明確な返答がありません。対し制度の枠組自体も理解しにくい部分が多く、商店・区民ともに使いたいと思える仕組みになっていません。来年の7月開始には相当な無理があることから、再度制度の構築が求められ、もう1度検討のための委員会が開かれる事になりました。

10月24日  



 子ども文教委員会



所管事項の報告を受けました。

「今後の郊外施設のあり方(案)について」と言う報告で、福島県にある中野区所有の施設「常葉少年自然の家」は、地震の被害を受けたこと、さらに老朽化に伴う施設の修繕、整備にかかる経費を考え、廃止とすることと報告されました。

夏季臨海学園については、指導員の確保など、児童の安全確保が困難な状況にあり、学校現場からも廃止に向けて強い要望があり、これも廃止になるという事です。

私は、「臨海学園での遠泳のように子どもたちが達成感を持てる行事は他にないためとても残念である。また、区がその変わりにやろうとしているフラッグフットボールでは児童1人1人の達成感はなかなか得られない、子どもたちに達成感を持ってもらえるような取りくみができなくなる」と言う趣旨の質問をしました。

また、教育委員会が新たに進めている小学校5,6年生を対象に150人ほど公募し、民間業者に委託し、海での体験学習事業を行う報告がありました。私は、「つい昨年、小学生を対象にした公募性の常葉サマースクールを廃止にしたばかりなのに、どのように考えるのか。応募した150人は海に行く前に水泳指導を行うが、それ以外の子どもたちの水泳指導は少なくならないのか」など質問をしました。自民党の議員も臨海学園廃止の件については大変憤慨していて、長い時間質問をしていました。

 他に中野区学力に関わる調査について、私は、自分の子どもの経験から多々質問しました。これまで私は、厚生委員会・区民委員会・文教委員会と3つの委員会に今まで属してきましたが、それぞれの現場を身近に知る議員として、いつも区民の立場で発言してきたつもりです。たとえ、私の考えを受け入れてくれない他の議員に野次を飛ばされても、地元で私の意見を区民に報告すると「近藤さんの言うとおりだ」と教育現場、介護現場、地域活動それぞれの現場に生活する仲間は答えてくださいます。大変ありがたく、その区民の皆様の思いを区政に届けることが、私が議会に居る意味であると思っています。








 

10月23日  



  病院へ両親の見舞い


 母のリハビリのための歩行器を届けに病院に行きました。父も母も私が行くと喜んで、笑顔で会うことができます。家ではなかなか笑い合う余裕もありません。在宅介護の難しさは、介護が途切れることなく続くことだと痛感します。

10月22日  



  特別支援学級 連合運動会


 中野区の特別支援学級に通う小学生と中学生が中野体育館に集まり、運動会が行われました。子どもたちを来賓席で応援しながら、たまたま隣席になった都立中野特別支援学校の先生に、走っている時の自閉症の子どもたちの特徴や学校の様子など、いろいろな事を教えていただきました。



  杉並区犯罪被害者支援の日


 交通事故でお子さんを亡くした被害者の方のお話を聞きました。
昨年まで、この犯罪被害者の取り組は、600人程度収容するセシオン杉並という大ホールのイベントとして行っていました。

しかし今年は、地域区民センターの会議室で、30人程度を対象とした地味な取り組でした。杉並区が犯罪被害者支援に取り組んでいることは全国的にも有名な事であり、この日を心待ちにする被害者支援の関係者も多くいます。被害者の講演の後の懇談会の席で私は、今年の取り組があまりに小規模になってしまったことが残念であると杉並区の犯罪被害者支援員の方に伝えました。

10月21日  



  子ども文教委員会


第6号陳情  給食から受ける子どもの内部被ばくを防ぐ対策について
第9号陳情  給食に「パス乳」を使用して頂くことについて

この2つの陳情が提出され、委員会室には入りきれないほどの区民が傍聴に来ました。

第6号陳情は4つの要望からなっていますが、「給食食材の産地を公開する」項では、産地を公表した後、たとえば福島県産などの食材が排除されていく事になれば、自治体として問題ではないかという質問が出ました。

第9号陳情は「保育園、学校給食にパスチュアライズ牛乳を使用してもらいたい」という内容なのですが、職員からは安定的な需要、価格に問題があることを示されました。
2つの陳情は継続審査になりました。

10月20日  



両親の病院へ  


両親が入院している病院に行ってきました。
2人ともリハビリを続け、それなりに快復しつつあります。

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
中野コンポスト連絡会
at 2017-06-19 21:31
被害者の会
at 2017-06-17 22:29
児童館運営協議会
at 2017-06-17 21:23
途切れない支援を被害者と考える会
at 2017-06-16 23:21
総務委員会
at 2017-06-15 22:17
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.