近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

<   2014年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧  

 建設委員会  

15件の所管事項の報告を受けました。

私は、「新しい中野をつくる10か年計画実施状況について」の項で、高齢者住宅の問題とインキュベーションオフイスの整備について質問をしました。
また「施設使用料の積算結果について」の項で、産業振興センターの稼働率の低い部屋が今回の料金改定で値上がりすれば、益々区民にとって使いにくい場所となってしまうのではないかと言う趣旨のことを質問しました。

議会運営委員会傍聴  

議会運営委員会、議会運営協議会、議会運営改善検討会を傍聴しました。

特別区議会議員講演会   

「地方法人課税見直しの問題点と特別区の対応」

特別区長会事務局参事 入澤幸氏の講演を都政会館で聞きました。
平成20年度、26年度の税制度改正により、事業税(都道府県税)の一部が、「地方法人特別税」として国税化され、「地方法人特別譲与税」として全国の都道府県に配分されるようになりました。その影響で、都は20年度から累計で1兆円の減収となりました。平成26年度税制改正では3分の1規模の復元はされましたが、法人住民税が特別区分だけでも539億円減になる等、厳しい状況となっています。
特別区は膨大な行政需要を抱えているので、地方税を地方団体間の調整に用いることなく、国の責任で各自治体の必要財源を確保する方策を考えるべきであると言う趣旨の内容でした。質疑応答の場面では、「一般の議員に呼び掛けるよりもかえって特別区区長会の方からもっと声をあげることが必要なのでは」と言う趣旨の質問等もありました。

東京新聞取材  

東京新聞の記者とカメラマンが「被害者ノート」について取材に来ました。近日中に東京新聞にも掲載予定です。

「被害者ノート」について  

被害者ノートの記事が各種新聞に載ってから多くの方から問い合わせをいただいています。
被害者ノートの取り組みについて、ご紹介します。


 「被害者ノートについて」
 
 東日本大震災後、被災した女性たちを守る活動をされていた方々とゆるやかな会「中野勉強会」を作り、被害者支援の勉強を重ねてきました。
2012年から会の名前を、「途切れない支援を被害者と考える会」と変更しました。会員は犯罪被害者やその遺族(殺人・交通犯罪・性犯罪等)、自治体職員、NPO団体関係者、弁護士、専門家等から構成されています。
犯罪被害者は、被害直後から捜査当局の事情聴取や様々な行政手続きに次々に直面します。そのたびに繰り返し説明を求められ、その苦痛や不便は多くの被害者が訴えています。
加害者側には「被疑者ノート」が存在し、当番弁護士も駆けつけます。被害者は警察から多くの関係機関が発行しているパンフレットを渡されますが、何から読めば良いのかも分からない状態です。

「途切れない支援を被害者と考える会」では、人生最大のショックに見舞われた被害者が「今、何をどうすればいいのか」を、整理して考え、被害者の置かれている苦境を少しでも改善するための「被害者のノート」を作成するプロジェクトを2012年から始めました。2ヶ月に1度、メンバーはそれぞれ、仕事が終わった19時過ぎから集まり、1つ1つの項目を丁寧に検討してきました。今年に入ってからは毎週勉強会を開き、この7月に「被害者ノート」は完成しました。

  「被害者ノート」の始めの言葉です。

  これは、あなたの大事な「記録」になるノートです。
  あなたより少し前に被害にあった多くの被害者と
  その支援者が「このようなノートが必要」と感じ、
  思いを込めてこれを作りました。
  今は実感できなくても、今日から100日後の
  あなたを手助けするのは、あなたが書き込んだ
  このノートになるかもしれません。
  あなたの悲しみを、記録に残しておきましょう。
  きっと、あなたの役に立ってくれるでしょう。


被害者と支援者が市民活動として助成金を頂いて行ったこのノートプロジェクトは、マスコミにも大きく取り上げられました。現在、(2014年8月)犯罪の被害に遭った方、支援者からたくさんの注文を頂いています。


 
c0013698_236188.jpg

被害者が創る条例研究会  

c0013698_23161468.jpg
  今日は被害者が創る条例研究会がありました。以下条例案策定の説明です。


  「市町村における犯罪被害者等基本条例案」の策定。

犯罪被害者やその家族が住み慣れた地域社会で平穏な生活を取り戻すことができるようになるためには、日本のどこで事件や事故にあっても等しく適切な支援が受けられることが必要です。しかし全国的に見ても市町村の支援はなかなか進んでいません。東京都でも条例の設置は叶わないままでいます。
中野区も私が一般質問で取り上げましたが、「条例が無くても取り組んでいるので現在のところ条例を策定するつもりはない」との区の返答でした。様々な自治体で条例化が進まない理由としては、政治的な問題、必要性が重視されていない問題などが多いと思いますが、行政の職員に犯罪被害者支援と言う課題が良く理解されていないと言う問題点もあります。
そこで、必要だと言うことは認識しているけれど、どのような内容の条例を策定すれば良いのかわからない自治体が作りやすいように条例案を作ってしまおうと言う犯罪被害者たちの取り組みが行われました。大学教授、犯罪被害者、自治体職員、専門家による「被害者が創る条例研究会」いう研究会が作られました。私も参加し、意見を述べさせていただきました。この会の取り組みはNHKでも取り上げられました。


いくら待っていても自分たちに必要な政策が作られていかない。であるなら、自分たちが、国民に必要な支援を自分たちの手で作っていく。「被害者ノート」と「市町村における犯罪被害者等基本条例案」の取り組みは、本当の意味で「民ができることは民で行う」新しい社会政策の手法なのかもしれません。
これらの取り組みに対して、多くの関係者からお褒めの言葉を頂いています。

中野区立中学校PTA連合会 懇談会  

「教育環境および施設・設備の改善要望書」に沿って、改善して欲しい点の説明を受けました。
毎年、中P連の皆さんは要望書を作成して、各会派の議員に改善をお願いしています。しかし、毎年、毎年、雨漏りのする学校施設の写真や、老朽化したトイレの写真を見せられる度に、なかなか改善しない学校施設に、「もう少し予算を回せないものか」と中野区の教育予算が少ないことに対して情けない気持ちになります。

地域支えあい推進特別委員会  

私は、見守り高齢者名簿の提供についての項で、障がい者の名簿登載率が低い理由等を質問し、また、「中野区次世代育成支援行動計画平成25年度事業実績」の項では、「心身の発達について気軽に相談できる場やサービスが整い、適時・適切な支援が得られている。」と書かれている部分を例に上げて、「25年度の指標結果は24年度の指標結果より良くなっているが、相談できる場が増えたのか、支援の仕方が変わったのか、改善点、改善していない部分がどこなのかが明確ではない。今後、より改善を進めるためにも、問題点がわかる書き方を工夫して欲しい」との趣旨を質問しました。


 

父の通院  

父は「この1年ぐらい、今日が何日なのか、わからないことがたまにありす」と先生に質問し、先生から「曜日で働きに行っているわけではないのですから、全然問題ないです」と言われ、父は嬉しそうに「そうですか」と笑顔で答えていました。
高齢者は「大丈夫」と言われて、少し不安だった気持ちが和らぐことがしばしばです。

西武新宿線踏切渋滞解消促進 期成同盟決起大会  

中野区関係国会議員、都議会議員、東京都都市整備局、西武鉄道株式会社、杉並区、下井草駅周辺地区まちづくり協議会等の皆さんを来賓に招き、中野区議会、中野区、町会連合会、商店街連絡会、中学校PTA連合会などの皆さんで結成されている期成同盟が、西武新宿線踏切渋滞解消に向けて期成同盟決起大会を開きました。


 

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
子ども縁日と花火大会
at 2017-07-15 23:56
新盆の来客
at 2017-07-15 23:40
父のショートスティ
at 2017-07-15 23:35
児童館運営協議会
at 2017-07-15 23:31
東京河川改修促進連盟 総会及..
at 2017-07-14 23:28
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.