近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

<   2015年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧  

東京都人権プラザin東京国際フォーラム出展依頼  

公益財団法人東京都人権啓発センターの5周年事業「東京都人権プラザin東京国際フォーラム」、10月31日、東京国際フォーラムで開かれる人権をテーマにしたこのイベントに、「途切れない支援を被害者と考える会」のブース出展の依頼を受けました。
人権啓発センターと、TBSラジオ局の方が区役所にいらっしゃいました。この事業は「2020年の東京オリンピックとパラリンピックに向けて、東京都は人権が真に尊重される都市を目指そう」という事業です。
最近は、新国立競技場の建設費を巡りデザインの白紙撤回問題、大会エンブレムのベルギーの劇場マーク酷似問題など、2020年の東京オリンピックに関しては全く良い話がありませんでした。しかし、オリンピックを契機に東京都が人権問題に取り組むと言うのであれば、大変良いことです。犯罪被害者という立場が人権問題の中に位置づけることのできる機会でもありますので、出展する方向で考えています。

横浜市における犯罪被害者等支援体制の整備促進事業  

横浜市と内閣府の共催で、横浜市における犯罪被害者等支援体制の整備促進を目的に「途切れない支援のために関係機関の連携を『見える化』する事業」として第1回合同機関会議が開かれました。

神奈川県くらし安全交通課、神奈川県警察本部被害者支援室、かながわ犯罪被害者サポートステーション、法テラス、横浜弁護士会、横浜地方検察庁、横浜保護観察所など、被害者支援に係る約50団体が一堂に会し、計4回にわたり被害者支援の在り方を検討して行きます。次回からは私たちの作った「被害者ノート」を使っての検討が行われます。
今日は内閣府からは及川京子参事官も参加してくださいました。それぞれの団体の役割等を発表した後、「途切れない支援を被害者と考える会」の代表として私が40分の講演をしました。その後、「途切れない支援を被害者と考える会」の事務局長が「被害者ノート」について40分の講演をしました。

犯罪の被害者を支援する団体はいくつもありますが、その支援の体制や連携が必ずしも上手く機能しているとは言えません。より適切な支援のためには、各関係機関の連携が欠かせません。
日頃、被害者に向き合っているからこそ、このような勉強会が必要と思い、この会を企画をしてくださった横浜市には心から感謝と敬意を表します。この横浜市のように国と自治体、関係機関が連携した取り組みが全国に広がっていくことを期待しています。

条例研究会2  

練馬区の区議会議員の呼びかけで、練馬区民対象の勉強会を行いました。
「犯罪に巻き込まれた時、練馬区で受けられる支援を知っていますか」、パワーポイントに沿い、条例研究会のメンバーが説明をしました。参加者は少なかったのですが、会の終了後、参加された方に「わざわざ来ていただいてありがとうございます」とお礼を言われました。お隣の区で、「わざわざ」と言われて、日本各地で講演をしている私は照れ臭い気持ちでした。しかし被害者支援の体制が進んでいない練馬区民としては、どうにか進めていきたいと願う矢先、先進的な取り組みをしている中野区の議員の私が話をしたことが嬉しかったのでしょう。このような機会を重ねて、練馬区にも中野区のように被害者支援の取り組みが広がることを期待します。

この勉強会の会場は、石神井公園駅前の石神井公園区民交流センターでした。
大型スーパーの2階に歯科医院などと並んで区民交流センターがありました。入口がわかりにくく迷ってしまうことは大きな欠点ですが、駅前にあり、大型スーパーと一緒のビルにある環境は住民に取って利便性が良いと思います。また、複合ビルですから、建設費等の予算も抑えられていると思います。中野区の今後のまちづくりの参考になると思いました。

条例研究会  

条例研究会で各種議題の後、7月23日発行の週刊文春の記事(中根一幸議員の元秘書)について、また、先日発刊された加害者の手記の問題について等が話題になりました。
どちらも被害者遺族は加害者によって再び傷つけられました。被害者に対して、真に申し訳ないと言う気持ちを持たないまま、真の更生も無いまま、加害者が刑務所や医療刑務所などから社会に戻ってきている現状では、防ぐことの出来ない問題なのかもしれません。

プラチナ構想スクール@中野  

「プラチナ構想スクール@中野」は、中野区の職員向け研修です。
本日は、東京大学高齢社会総合研究機構 秋山弘子氏の「長寿社会のまちづくり」を傍聴しました。講義の中の柏プロジェクト(UR柏豊四季台団地)の例は、まさに先日、私が提案したサービス付き高齢者向け住宅と商店の共同化ビルで在宅介護を支える取り組みでした。職員の皆さんは熱心に講義を聞き、質問していました。ぜひ各所で行われているこれからのまちづくりを、中野区の参考にしていただきたいと思いました。

週刊文春の記事  

c0013698_13141639.jpg
本日発売の週刊文春(7月30日号)に、「外務政務官の公設秘書は監禁致死事件の犯人だった!」として以下のような記事が載りました。「昨年の衆院選の頃から議員の公設秘書のなかに監禁殺人事件の犯人として懲役刑を受けた者がいると噂になってた。当人が人を殺した過去を自慢気に語り、複数の同僚秘書が怯えて退職していったと聞きました(自民党関係者)」
元秘書は、自分が殺人犯であることを自慢げに語り、他の秘書を怯えさせ辞めさせ、1人有能な議員秘書として前途洋々の日々を過ごし、一方、被害者への賠償さえしていません。
中根一幸外務政務官が写真入りで載っていましたが、記者の質問に対して、「(秘書の過去を)知らなかった」「すでに退職している元秘書のプライバシーに関する質問には回答しない」と語っています。殺人犯との噂が流れ、複数の秘書が退職していったにもかかわらず、雇い主が全く知らなかったとは理解に苦しみます。また、この雑誌の取材の日までは、明らかに「公設秘書」として働いていた人間に対し、「関係ありません」と言えるでしょうか。年間500万円超の国民の税金を、元殺人犯に払い続けてきたことをどのように捉えているのでしょうか。
私は、これまで犯罪被害者基本法の制定などの法案を作るために尽力されてきた多くの自民党の国会議員にお会いしてきました。その方々のご立派な思いに比べて、あまりにも被害者に失礼な国会議員の態度は許せません。
皆さんのご意見をお聞かせください。

花火の後片付け  

朝、学校の校庭で、昨日の花火の後かたづけをしました。準備・本番・後片付けと、縁日および花火大会を盛り上げるために活動する地域の皆さんは大変です。
その後、防災倉庫の点検に立ち会いました。

午後、母の入居している老人ホームに行きました。
母は1人では起き上がれず、車椅子でも1時間座るのがやっとの体力で、それでも元気です。昔の友人の思い出話など嬉しそうに笑いながら話していました。

子ども縁日と花火大会  

児童館主催の子ども縁日に北子ども会も参加しました。北子ども会はストライクアウトとバルーンアートを担当しました。私はその後の花火大会の受付の係を担当しました。
終始小雨が降っていましたが、手持ち花火を始める前に1度雨がやみ、きれいな虹がでました。小学校の校庭には「見て!虹」「きれい~!」と歓声が上がりました。
雨で最後まで花火ができるか心配でしたが、無事に打ち上げ花火まで、予定通り全てできました。花火を最後まで見ることができた子どもたちは大喜びでした。花火が打ち上げられる度に校庭に歓声が響きました。
今年も無事に花火大会を終え、子どもたちや地域の皆さんに喜んで頂くことができ、よかったと思います。

児童館運営協議会  

児童館運営協議会の活動報告の中、小学校校長から移動教室の報告がありました。
2泊3日の移動教室の間に3人の児童が体調を崩し病院に行ったそうです。1人は、救急車で往復3時間かかる病院に行きました。後の2人は2日目に具合が悪くなり、全員の移動中、近くにあった別の病院に行くことになったそうです。病名は3人とも異なり関連性はありませんでした。3人の児童とも大事にならずよかったですが、保健の先生や校長は具合の悪い児童にかかりきりになってしまいました。このお話を伺い、現在の宿泊授業の大変さを知らされました。

花火大会準備  

明日の子ども会主催の花火大会の準備をしました。
お天気が心配です。
 

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
中野コンポスト連絡会
at 2017-06-19 21:31
被害者の会
at 2017-06-17 22:29
児童館運営協議会
at 2017-06-17 21:23
途切れない支援を被害者と考える会
at 2017-06-16 23:21
総務委員会
at 2017-06-15 22:17
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.