近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

<   2016年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧  

タブレット型携帯端末説明  

中野区議会ではペーパレス化を進めるために、平成26年度から、タブレット検討PTを作り議会運営改善検討会で検討してきました。議会運営委員会のメンバーは、タブレットを試行してきました。今後、まだ時期は決まっていませんが、議員全員がタレットを使っていくことになります。今日は職員の説明を受けました。

芝浦勉強会  

犯罪被害者等支援の質や継続性を担保するために、自治体の職員、被害者学の権威の諸澤英道先生、被害者たちが参加し、犯罪被害者等基本条例を作成してきました。現在改訂版4版の作成中です。私はなかなか参加できないのですが、今日は参加し、意見を述べさせていただきました。

社会を明るくする運動  

緑野中学校を会場に行われた「社会を明るくする運動」に参加しました。

緑野中学校の校長先生から、かつての教え子の感動的なお話を聞かせていただきました。
その内容は、校長先生が新任の教師であった学校で、部活動を教えた生徒の話でした。彼女は卒業後、大きな病気を抱え、生きるために片足を失う手術を行いました。以後、想像を絶する努力を重ね、幸せな結婚、家庭を築いたと言う内容でした。その話の中で、校長先生が、その教え子に「どうして君はそんなに大変な道を歩めたのですか。」と聞いたと言います。すると教え子は「先生がいつも部活動で、大変な方と、大変でない方があったら、大変な方を選ぶことを教えてくれたでしょう」と言われたと言います。例えば、試合のあった次の日に練習をやるか、やらないかと言うような判断を迫られた時は、苦しくてもやる方を選んで来たと言うことでした。その答えに、校長先生は大変感動されたと言いますが、聞いていた保護者や地域の方も大変感動しました。そして、校長先生は会場の保護者の方に向け、「PTAをやる、やらないと言う選択があった時、やってみる選択、これも人生を豊かにしていくのではないでしょうか。」とおっしゃっていました。先生の人生も、いつも大変と言われる道を選択して来たそうです。中学生を持つ保護者には先生の話がどのように映ったでしょうか。私は、学校教育が、校長先生の教え子のように、たとえどんなに困難な状況に置かれても、強い気持ちを持ち、生きていける人に、子どもたちを育てていただきたいと思いました。

中野区シルバー人材センター定期総会  

なかのZERO小ホールで中野区シルバー人材センターの定期総会がありました。
建設委員として来賓で出席しました。13名の方の会員表彰と、シルバー人材センターの役員経験者で、センター事業の発展に貢献された方1名が財団表彰を受けました。財団表彰を受けた方は、ご近所の方で、昔から私もよく知っている方でした。現在おそらく90代後半になられると思いますが、お元気で、今日も雨の降る中、総会に出席され、今までの貢献を称えられました。
改めて本当に素晴らしい方だと思いました。

中野区シルバー人材センターの運営については、今後ますます高齢者の就労が必要であると考えますが、会員数は年々減って来ているそうです。会長の挨拶にもありましたが、今後、高齢者がシルバー人材センターで働きたいと思えるような改革をしていくことが求められています。

本会議  

16件の議案と1件の請願、5件の陳情の採決がありました。

第1号請願「平和の森公園整備基本計画について」は、中野区のみどりの基本計画、第4章に則り、「利用者アンケート」を実施してください。と言う趣旨の請願でしたが、賛成少数で不採択となりました。区政により一層の区民参加を求めた区民たちの請願はかないませんでした。

また、継続審査になっていた第8号陳情、「図書館再編の再検討について」は、本町・東中野図書館を統合し、現本町図書館、現東中野図書館を閉鎖しないでください。と言う陳情でしたが、これも賛成少数で不採択となりました。陳情した区民たちは、本町図書館は、地域に住む区民の方が公共用地にと寄付された土地であり、東中野図書館は中野区立図書館8館構想の第1号として整備された図書館であり、地域のコミュニティの場であること等を訴えましたが、思いはかないませんでした。
こちらの陳情も地域の図書館を存続させたいと言う地元区民の願いは議会の多数決でかないませんでした。

さらに、4件の議員提出議案が提出されましたが、共産党が提出した「元海兵隊員の米軍属による女性死体遺棄事件に関する意見書」と、共産党と一部の無所属議員が提出した「原発事故避難者への住宅支援の継続を求める意見書」も賛成少数で不採択となりました。

私は上記の請願、陳情、意見書に賛成しました。

被害者の会  

「国外犯罪被害者弔慰金支給法」の成立は、(今まで海外で被害にあった日本人は、弔慰金が支払われませんでした。今回、海外の被害者にも弔慰金が支払われることになりました。)犯罪被害者の遺族が国に制度の拡充を求めてできた制度です。私たちの会にも身内を海外で亡くされた方が何名もいます。この制度は、これからの被害者が対象ですので、自分たちには直接適応されませんが、この制度設立に尽力した被害者遺族の方は法律の成立をとても喜んでいました。明日の被害者のために、奮闘する皆様に、頭が下がります。

児童館運営協議会  

今年度最初の児童館運営協議会がありました。今年度の代表、副代表を決めました。
情報交換の時間に,私は、昨日の少子高齢化特別委員会の児童館に関する質疑の内容を報告しました。運営協議会のメンバーの皆さんは、「児童館を廃止する区の方針には納得がいかない」と言う趣旨の発言をしていました。1人の委員からは、「PTA等のお母さんたちも、自分たちで子育てグループを作り,活動していくことが望ましい」との発言がありました。
児童館が無くなってしまえば、このような世代を超えて子どもたちの事を話し合える場も無くなってしまいます。地域の繋がりが今よりも無くなっていくことが懸念されます。

少子高齢化調査特別委員会  

少子高齢化調査特別委員会において、4件の所管事項の報告を受けました。
私は「認知症対策と推進体制について」と「子ども・子育て支援施策の今後の展開について」の項で質問しました。
認知症対策では、認知症早期発見のために、相談された方の意見を参考にしたり、我が家の高齢者の薬に関する例などをお伝えしながら、認知症専門医による認知症アドバイザー医、認知症サポーター医への研修を求めました。
また、子ども・子育て支援施策では、「児童館廃止後は地域の拠点がなくなってしまうが、育成団体のネットワークをどのように広げていくのか」「丸山児童館の廃止前も、(丸山に)児童館が無くなっても乳幼児親子の子育て環境は充実していくと言っていたが、現状では、乳幼児を抱えるお母さんたちは遠い児童館まで通わなくてはならなくなってしまった。明らかにサービスは低下してしまったが、現状をどのように考えているのか」と質問しました。

この委員会では、長い年月、介護と子育ての現場を持って生活し、議会でも質問を繰り返してきた私の質問に、理事者も委員も静かに耳を傾けてくれます。
委員会終了後、委員会の職員の答弁だけでは納得できず、職員から詳しい話を聞きました。

子どもたちの環境について、委員会での質問、職員との議論を経て疲れて家に帰る途中、偶然、子ども会のお母さん3人に会いました。雨が当たらないようベビーカーにレインカバーをして赤ちゃんを連れているお母さん。ベビーカーの中で眠る赤ちゃん。この子たちが小学生になる頃は、遊べる場所は小学校の中しかなくなってしまうのでしょうか。少子化と言いながら、子どもたちがのびのび遊べる居場所を無くしてしまう区の考え方にはどうしても納得がいきません。
私は、力及ばず、赤ちゃんたちとお母さんに対して申し訳ない気持ちになりました。

父の通院  

父の定期通院に付き添いました。
今日も待合室ではたくさんの方が診療を待っていました。その中で、ご主人が奥様を介護している姿をよく見かけます。車いすに乗った奥さんに優しく声をかけるご主人の姿を見る度に、私は「どのように暮らしているのだろうか」「食事はどうしているのだろうか」などと考えてしまいました。
父は、先生に自分の気持ちを理解していただき、嬉しそうに「先生は何でわかったのだろう」と機嫌良く帰ってきました。
高齢者にとって、自分を理解し、支えてくれる方がいることがどれだけ大きな力になるのかと言うことを病院を訪れる度に感じます。

建設委員会  

建設委員会で昨日保留になった議案の採決と、11件の所管事項の報告を受けました。

区道の認定の議案は、これまでも、条件が変わらずに区道の認定が行われた場合は、住民には特には知らせていないと言うことでした。職員は、「河川道路や水路等が区道に認定される場合、住民にマイナスな部分がないので特段住民にお知らせしてこなかった」と言いますが、私は、自分の家の周辺の道がどういった道路であるのかは区民に知らせた方が良いと思います。

他にも、道路に関する区民の質問や苦情は多く、この定例会中も区民の方から相談を受けて、現場を見に行きました。区にとっては、区道ができることで防災面、地価が上昇するなど住民にとっては「マイナスはない」と言いますが、直接その道路に関わる区民に対して、できるだけ早く情報を公開することが大切であると考えます。

その他に野方駅整備株式会社の経営状況について、中野区国民保護計画の変更の報告について等の項で質問しました。

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
子ども縁日と花火大会
at 2017-07-15 23:56
新盆の来客
at 2017-07-15 23:40
父のショートスティ
at 2017-07-15 23:35
児童館運営協議会
at 2017-07-15 23:31
東京河川改修促進連盟 総会及..
at 2017-07-14 23:28
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.