近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

2月5日  

テレビ朝日の取材を受けることにしました。
かけがえの無い人を突然奪われた被害者の悲しさは、どんな映像にしても正確に伝わることはないと思います。「テレビの前の人が、おせんべいをかじりながら、あらま〜かわいそうね〜と思ってすぐ忘れるような取材は受けられない」と言って、これまで取材はお断りしてきました。
もし、あまりにも無念な主人の死が、ひとつの社会問題となるのなら、それは意味があることかもしれないと思い、次のような切り口で取り上げられるなら、と今回お受けしたものです。

 1、10万円の報酬で「殺人」に手を貸す若者たちの存在。
 2、「犯罪者」の身内を自分とは他人としてしまえる「家族」の存在。
 3、ひたむきに会社(現在の双日(株))の仕事に取り組み、その仕事のために
   あらぬ恨みをかい殺された主人の立場。

放送時間再度変更になりました。
追加編集の為、当初予定された放送日時が21日に変更になりました。
2月2日(月)朝9時頃からテレビ朝日「スーパーモーニング」の中で放映される予定です。(15分程度)言いたいことがきちんと伝えられるか不安はありますが、お時間のある方は見てください。
※放送時間28日に変更になりました。(2月18日更新)

度重なる放送時間変更となりますが、ご容赦御願いします。
# by kondou-saeko | 2005-02-05 15:09 | Comments(0)

2月3日  

節分です。子どもたちは福豆を自分たちで用意し、豆まきをしていました。
帰宅した私にお姉ちゃん(12歳)が言いました。
「お母さん、弟はね、『鬼は外!お父さんは内!』って言いながら豆まきしてるんだよ」
おかしく笑いながらも、切なく悲しく辛いです。
これからの我が家は、どんな時でも、何をしていても、お父さんを思い出し、切なく辛い思いを繰り返していくのだろうと思います。

 朝、小学校の旗当番(廃止された「緑のおばさん」の後を保護者がやっています)をやりました。登校時の元気な子どもたち姿を見ていると、心から、「どうか人を傷つける大人にはならないでね」と思います。子どもたちは大人を信じ、社会を信じて学校に通って行きます。

そんな子どもたちさえも私に会うと「かわいそうに」といった顔をします。朝、出勤する先生方、お父さん、お母さん、皆が私に会うと気の毒がり、言葉を失います。街を歩いても、買い物に行っても、仕事に行っても、私を見ると人々は言葉を失います。こんな状況に被害者の家族がいることなど、加害者も加害者の家族も分からないでしょう。

午後は、区長との対話集会に参加しました。野方地域センターでの開催でしたので、どのくらいの人が参加されているか行ってみました。区民11人、区の職員10人でした。テーマは自治基本条例です。1人の区民から、末端の実行の場(たとえば学校など)で、意見が言えるようにすること、現場から意見をくみ上げることができるような仕組みを盛り込んでもらいたい。と言う意見がありました。区民は実際起きた問題に対しての対応が大切なのであって、自治の基本が書き並べてあってもぴんとこないでしょう。もっともなご意見です。
「中野区の自治基本条例は、(中野区には)金はないけれど、プライドだけ高い人が書いた。」との意見がでました。区民は、実際の区民の暮らしがどのようになるのか?具体的なことが知りたいのです。

夜、中学校の電話連絡網を回しました。来年度のPTA役員がまだ決まらず、今度の日曜日に集まりがある事の伝言です。

そこで新たに「母子家庭」問題も浮上してきました。我が家も、突然「母子家庭」になりました。仕事をし、子どもを育て、家事をこなすことは大変です。現在母子家庭が増えているそうです。母子家庭のお母さんは毎日の生活だけでも誰かに手伝って欲しいと心から思っています。プラスPTAの仕事をしなくてはならないのはほとんど無理に近いという事でした。もしどうしてもやらなくてはならないのなら、PTAの仕事が子どもたちに直結した本当に意味のあるものであって欲しいと言う内容の話をしました。

中野区ではこれから、新たな基本構想、自治基本条例が制定されます。今まで行政がやっていた仕事も住民の自治に任せていこうという方向です。「区民が自分たちのことを自分たちで決めて、自分たちで動いていく中野区にする」ための基本構想、自治基本条例がもうすぐ議決されます。

さて、任された住民はどうしたらいいのでしょう?区民の誰が、どのように参加していくのでしょう。身近なPTAを見ただけでも今後について不安が残ります。
# by kondou-saeko | 2005-02-03 22:50 | Comments(0)

2月2日  

双日(株)の子会社双日マシナリーに勤め、元の上司に殺された主人、近藤浩を殺した犯人、酒井裕(56東京都出身)、坂本亮(28長崎県出身)、高橋祐介(24千葉県出身)の3人が、本日逮捕監禁、殺人及び死体遺棄の罪で起訴されました。
殺人に手を貸した沢田将基(29秋田県出身)、緒方剛(22熊本県出身)、斉藤揚礼(22山形県出身)は、「拉致監禁後、夜中に帰った」ということで、すでに1月12日に逮捕監禁で起訴されています。(後に逮捕監禁致死となりました)

これから裁判が始まります。
警察の方々は、今回の事件に関し、本当によく動いてくださいました。どんなに厳しく、大変だったことと思います。心から皆さんに感謝しています。

このホームページを見て謝りたいと言ってきた加害者の親族もいます。ホームページの威力を感じます。

加害者が、その家族がどんな気持ちを持って、どんな償い方をしてくださるのか、今後しっかり皆さんと見ていきたいと思います。これから裁判が始まり、犯人像が明らかになっていきます。(私は、この犯人の一人も実際に知りません。亡くなった主人も元上司酒井以外は知りません)
裁判の予定、動向は私を応援してくださっている心優しい皆様にもご報告していく予定です。是非見守っていただきたいと思います。裁判の予定、結果はこの日記でもご報告いたします。

少し前ですが、1月21日の日経新聞の夕刊に今回の「双日事件」が載りました。
 [拡大画面]
c0013698_15202780.jpg

# by kondou-saeko | 2005-02-02 21:40 | Comments(0)

1月29日  

●無所属の会で、「自治基本条例」の勉強会を開催しました。
現在中野区では自治基本条例を策定中です。
「中野区に自治基本条例ができると何が良くなるの?」というテーマで岩手県立大学の高橋秀行先生にお話を伺いました。中野区のことに詳しい方々の活発な意見交換があり、参加してくださったほとんどの方が終了時間を1時間以上過ぎても熱い議論をしていました。

********************************
 
今日29日は主人の41回目の誕生日です。前の日に2人の方がお花とビールとケーキを持ってきてくださいました。「お誕生日だったよね。このビールが好きだったよね!」と、覚えていてくださって、主人の写真の前にお供えしました。ありがとうございます。
毎年、誕生日のケーキを切り分けて食べる時は子どもたちと主人が一番大きいピースを取り合って壮絶なバトルが繰り広げられました。そんな子どもたちでさえ「今年はお父さんに1番大きいのをあげようよ」と祭壇に大きなケーキをあげました。
誕生日のケーキをこんなに寂しく悲しく味わったことは初めてです。

主人は、家でも節電に厳しく、すぐゴミとなるような流行り物は買わない、いつもお金を稼ぐ大変さを考えて行動する人でした。そんな彼が、10万円のアルバイトで動く、「金さえもらえれば人殺しも厭わない」若者たちに殺されてしまったのです。欲しければ簡単に何でも手に入れようと考える人間が、最近の凶悪な犯罪を起こしているように思えてなりません。10万円を稼ぐことがどんなに大変なことか、彼らの一生をかけて、考え続け、償ってもらいたいと思います。

今も近藤家には皆様からの優しさが毎日届けられています。告別式から1ヶ月以上経つ今もお花がいっぱいです。
# by kondou-saeko | 2005-01-29 20:50 | Comments(0)

1月24日  

双日㈱の子会社双日マシナリーに勤めていた主人近藤浩が拉致されてから2ヶ月、死亡を確認してからちょうど1ヶ月になります。この間、本当に多くの皆様から温かい涙、お言葉、手紙、お花などをいただき、今も途切れることなく続いています。心からありがたく感謝いたしております。主人の友人、近所の方々、私の友人の多くが「ごめんなさい。私が何もできなくて」と言って、泣いてくださいます。こんな不条理な犯罪に対し、誰一人として、何もできることはありませんでした。皆さんは、何ひとつ悪いことはしていないのです。

その一方、主人を殺した犯人たち(容疑者は6人!です)、その家族、親族、どこからも「申し訳ない」の一言もありません。謝罪されたからどうなるというものではありませんが、もし、その中に一人でも人間として普通の感情を持つ人がいるのなら、普通の家族関係を持つ方がいるのなら、電話の一本もあってよいのではないでしょうか。謝ることを知らない人間たち、「彼のことは私には関係ない」と自己保身のために人間関係を断ち切ってしまえる社会、が広がっています。この社会そのものが犯罪を次々生み出しているように思えます。

どんなに防犯に力を入れたところで、犯罪が「悪いことだ」と認識されないのであれば、減るはずがありません。罪を犯しても、犯罪者の人権は守られ、刑務所で食事を与えられ、パソコンでも習い、短い刑期で釈放され、人生をリセットできるのであれば、よほど犯罪者のほうが良い思いをするのではないでしょうか。突然尊い命を奪われた被害者家族には、もう二度と以前の生活は戻って来ないのです。突然の主人の死は、本当にたくさん課題を私に残しました。

悲しみと苦しみは途絶える間がありませんが、「『おかあさん、あなたの人生を復讐に使うな』って言う言葉が読んだ本の中にあったよ。うちと似ているよね」と長女、「僕がお父さんになるから父の日にプレゼントちょうだいよ!」と長男、そんな子どもたちに支えられながら、前を向いて歩み始めています。

1月15日東京新聞の夕刊に、私の記事が載りました。 [拡大画面]
c0013698_16132973.jpg
 

--------------------------------------------------------
先週、先々週は、刑事さん、弁護士、検事、税理士、労務管理士、新聞記者など今まで関わったことのない様々な方とお話しする機会を頂きました。そうして今回の事件に関する件をひとつずつ片付けながら、子どもたちのための活動に参加しました。

1月15日  児童館運営委員会出席
中野区次世代育成支援行動計画(素案)概要版を見ながら、意見交換をしました。
○計画の結果責任は誰が取るのか?
○それが実現しなかった場合どうするのかをきちんと出すべき。
○10年経って変わるのか?今の現実をよく見てほしい。
など、活発な意見が出ていました。我が家に降りかかった犯罪事件を考えても、皆で教育の大切さを改めて考え、地域で子どもたちを見守ることの重要性を再認識しました。

1月21日  次世代育成支援行動計画(素案)、野方地域センターの意見交換会に出席。
○児童館の数が、今以下にならないことを希望する。
○民生委員が何処まで子育てのサポートをしていくのか?
○民生委員がオムツ換えまではやりすぎではないか?
○中野区にも世田谷区などにあるプレイパークが欲しい。
などと言う意見が出ていました。

1月22日  中野区家庭教育支援推進事業実行委員会主催 講座 「お金に強い子に育てる」に参加。
フィナンシャルプランナーの方が講師で、現実的なお金のお話が聞けて面白かったです。

その後  

 昨年末、双日(株)の子会社双日マシナリー(株)に勤務していた夫、近藤浩が元の上司により誘拐され、殺され、死体を山の中に埋められるという、考えられないような事件が突然私の生活に降り掛ってきました。

 警察の方は、本当に緻密な捜査をしてくださり、誘拐後1ヶ月で犯人を捕まえ、近藤浩を見つけ出してくださいました。ただ、クリスマスの日、父親の帰りを待ち続けていた子どもたちの前に戻った「お父さん」は全く違う姿になっていました。

 12月29日、東京に珍しく雪が降りしきる中、故近藤浩の告別式にはたくさんの方が参列してくださいました。本当にありがとうございました。葛飾区から不調な体調を押してわざわざ来られたのに、遅々として進まないお焼香の列に帰られた方もいたと聞きました。申し訳ございません。主人が担当していたアメリカの取引先の会社が主人の死を悼み、半旗を掲げ、喪に臥したと聞きました。とても有難く思いました。九州からはるばる出てきてくださった方が、近藤の自宅がわからず、野方の町をぐるぐる歩き周り、主人にお別れをしてくださったと後から知りました。ありがとうございました。告別式の日から2日に渡り、主人のお骨を抱き「近藤さん、近藤さん」と声を上げて泣いてくださった取引先の方、主人を愛してくださりありがとうございました。

 主人は辛い思いをし、無念にも殺されてしまいました。残された私たち家族も本当につらい思いをしていますが、主人の死を悼み、多くの方が泣き、悲しんでくださいました。近藤浩がこんなにも多くの人に愛されていたことを知り、感動と感謝で胸が一杯になりました。
 
 一人の人間の死はたくさんの手続き、後処理に終われます。主人の場合は犯罪に巻き込まれてしまったのですから、ことさらいろいろな手続きがあります。悲しくどうしていいかわからないまま、ひとつずつ、やらねばならないことを毎日こなしている状況です。

1、近藤浩は真面目に社会的正義感を持って仕事をし続け、殺されてしまったこと。
2、(悪いことをしながら)自分の地位を脅かされたという理由で、元の部下であった命をうばった犯人
3、人を殺すことに簡単に便乗し、手を下してしまった5人の若者

 私はこれらのことを、絶対に許す訳にはいきません。主人のようにひたむきに真面目に働く人間が、だから馬鹿を見るのでは、この世に存在しなくなってしまうと思います。楽をして、少しのお金を稼げればそれで適当に生きて行けるのだと思う人間ばかりがはびこってしまいます。

 ぜひ皆さんのお力をお借りして今回の事件のような「会社の犠牲になる人間をださない」「若者を犯罪者にしない社会」を作っていきたいと思っています。

 今はまだこの悲しみと苦しみから抜け出すことはできませんが、皆様からいただいた励ましの言葉と温かい涙を無駄にしないよう、子どもともども生きて参ります。どうぞよろしくお願いいたします。

c0013698_21363565.jpg

# by kondou-saeko | 2005-01-09 21:38 | Comments(0)

皆様へ  






29日、雪の降りしきる寒い中、大勢の皆様の参列のもと、夫 故近藤浩の告別式を無事に相なすことができました。

心から御礼申し上げます。

c0013698_7165092.jpg

皆様へ  





夫近藤浩の誘拐殺人死体遺棄事件に関しまして、臨機応変至りませず申し訳
ございません。このような被害を受けた家族は、悲しく、辛く、その思いは言葉に
なりません。

12月26日親近者にて荼毘に付しました。
告別式は12月29日12時から天徳院にて行う予定にいたしております。
皆様からいただいきました励まし、温かいお言葉、心からありがたく御礼申し
上げます。

                                           近藤さえ子


                           天徳院:中野区上高田1‐31‐4

メリー クリスマス  

c0013698_7353575.jpg


この時期お父さん、お母さんは大変。子犬の値段もクリスマスには高くなると聞いたことがあります。あちこち走り回ってプレゼントを準備しています。ご苦労様です。

日記には写真も載せられます。 と言うことでクリスマスの写真。
# by kondou-saeko | 2004-12-23 07:44 | Comments(2)

中学マラソン大会  

今週2回目のマラソンのお手伝い。今度は中学のマラソン大会です。
校庭を出て住宅街を男子は2周、女子は1周するコースを中学生が走りました。懸命に走る子どもたちに、旗を振り、声援を送りました。寒い中2時間の大会でしたが、走った子どもはもちろん、声援を送った親たちも熱くなりました。
ただ、子どもの数が少なくなくなり、お手伝いいただける保護者も数も少なくなってきています。保護者の参加が低くなることで、十分な準備ができなくなりこうした行事がなくなってしまうことが心配です。

12月13日   会派打ち合わせ
12月14日   小枝通信原稿準備
12月15日   資料作成
12月16日   小枝通信原稿準備

妙正寺川マラソン大会  

小雨の降る中、約400人が参加して妙正寺川マラソンが行われました。今回私は中学のPTAのお手伝いとして参加いたしました。走った人も感動でしたが、大きな大会を支えている地区委員会やPTA、町会のおばさん?パワーにも感動しました。皆さん雨の中ご苦労様でした!


12月7日   本会議
12月8日   資料の整理作業
12月9日   資料の整理作業

小学生の子どもの塾の面談  

小学生の長男の塾の面談に行ってきました。そこで「お母さんがもう少し見てあげてください。」と言われてしまいました。先生にしてみれば当然だと思いますが、先日学校の面談の時も同じことを言われてしまい、この忙しい中、お母さんはどうやって子どもを見てあげればいいのか悩みます。少子化の時代、もっと子どもを作りなさいと言われても、子育てにお金も時間もかかり、お母さんたちはストレスのかたまりです。女性が働きながら、子育てができる環境が求められます。本当に親が子どもを見る事ができない人たちがいるのだから、「勉強面は責任を持って見てあげます。でもお母さんたちはこう言うお手伝いをしてくださいね」と公教育がなれば、PTAにも参加者が増えるし、先生や仲間と仲良く、楽しく、子育てができるのではないかと思います。
先生たちはいつも忙しく、子育ては「家庭で」が主流になれば家庭が崩壊している子どもは、子ども自身も崩壊してしまいます。子育ては「皆で、でもお母さんが主役だよ。お手伝いするからね!」と言うメッセージを子育て中のお母さんに送っていきたいし、もらいたいものです。

その後、中学の子どもの学校の個人面談、ここでも「少し見てあげるか、塾もいいですよね。」ですって。あー疲れる!学校でわかるまで徹底的に見て欲しいと思うのは私だけなのかしら?
# by kondou-saeko | 2004-12-10 11:29 | Comments(0)

野方北町会ボーリング大会   

恒例の北町会のボーリング会がありました。(子ども30人 大人29人参加)
子どもたちのボーリングを見ていると、はじめからガ-ターの溝をなくしたレーンでやっている子どもは、高い点は出ますが、やはり大人と同じようにガーターありのレーンでゲームしている子どもはあれこれ試行錯誤して次第に上手になっていくようです。何事も基本が大切なのかもしれませんね。今の便利なボーリングの仕組からそんな事を感じました。

ボーリングをして簡単な中華料理を食べて、いつも「別に〜」「つまんな〜い」を連発の中学生たちも笑顔なひと時でした。


11月29日  会派打ち合わせ
11月30日  厚生委員会 
12月1日   厚生委員会 
基本構想調査・江古田の森整備特別委員会 正副委員長打ち合わせ
12月2日   会派打ち合わせ
12月3日   基本構想調査・江古田の森整備特別委員会

野方北子ども会バザー  

11月28日に久々に子ども会バザーを開催しました。
新品のタオルや食器、新品のブランド子供服など、いいものがたくさん出品されていました。私も後で買いたいと思っていたのですが、時間が経ったら気に入った物はすっかり無くなってしまいました。
私が子どもの時からこのバザーに関わっていた方々が今回も楽しそうに値段をつけている姿を見ると、「この方たちがずっとこうして地域に関わって、野方の町の子どもたちを育ててくださったのだな」と、その活動に頭が下がります。

小枝日記 開設いたしました。  

このページで身近な話題やお知らせをお伝えしたいと思っております。
よろしく御願いします。

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
法務省
at 2017-08-10 22:06
第19回都市経営セミナー 「..
at 2017-08-10 21:53
父の通院
at 2017-08-08 20:25
報告書発送作業
at 2017-08-04 22:58
保育の充実と地方行政
at 2017-08-03 21:44
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.