近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

お盆  

主人の事件でお世話になり、昨年亡くなった弁護士のお宅に、岡村先生とお線香を上げに行きました。その方は、岡村先生とは弁護士仲間であり、友人であったそうです。私の父とも学生時代の友人であったことから、お互いの知り合いと言うことで一緒にお線香を上げに行きました。奥様はとても喜んでくださいました。私は、2人の素晴らしい弁護士の生きざまに触れることができて、改めて感動しました。


法務省  

現在、法務省では再犯を防止するための推進計画を策定中です。


私が属している全国犯罪被害者の会(あすの会)として、「推進計画の策定に当たっては、被害者の立場を理解したうえで策定していただきたい」と言う内容の要望書を検討会議長あてに提出しました。法務省大臣官房秘書課長と面会しました。

あすの会の顧問である岡村勲氏は、1999年、弁護士の仕事上において、逆恨みをされて、奥様を殺害されました。岡村氏を逆恨みした犯人は、たまたま家にいなかった岡村氏に代わり奥様を殺害しました。遺族は死刑を求めましたが、犯人は無期懲役になりました。岡村氏の事件の判決の4日後、3人の死刑執行が行われましたが、3件とも1度殺人事件を起こして無期懲役になって、再び殺人を犯したケースでした。そのうちの1件はお礼参りによる犯行でした。1回目の裁判でこの犯人たちを死刑にしていれば、3人の尊い命が失われることはなかったのです。しかし、裁判で「被告人は改心している」等と誤った判決を下した裁判官は何の責任も取りません。

この社会で、人の命を奪う結果になるような誤審をしても、誰からも咎められないのは、裁判官だけかもしれません。

私は毎年、地域で社会を明るくする運動に参加しています。「1度罪を犯した人でも立ち直るために地域で温かく迎えよう」と言って保護司や地域の方々が1度罪を犯しても立ち直りを支えることを住民たちに呼びかける運動です。このような運動が毎年行われて、国民は皆、1度罪を犯した人も温かく迎えようとして努力をしているのです。

しかし、余りにも凶悪な犯人を反省もしていないのに、社会に野放しにしてしまっているのでは、国民は怖くてしかたがありませんし、地域で支えるレベルの話ではありません。何よりも裁判官の責任のある判決が欠かせないのです。現在の裁判は、加害者が立ち直ることに全精力を傾けていますが、1番考えなければならないことは、次の犠牲者を出さないことに着目した施策を策定することです。

その後、司法クラブで記者会見を行いました。私も発言しました。


第19回都市経営セミナー 「都市自治体の子ども・子育て施策」  

公益財団法人日本都市センター主催のセミナーに参加しました。

この後、法務省に行かなければならなかったので、玉川大学教育学部教授 大豆生田啓友氏と中京大学現代社会学部教授 松田茂樹氏の講演を途中まで聞き、退席しました。


父の通院  

先週、皮膚を切り、痛い思いをしたので、また切られるのではないかと父は不安そうな顔をしながら病院にいきました。先生は「大分良くなっていますよ」と言ってくださいました。痛い思いをした父も、毎週の病院通いにへとへとの私も大喜びでした。


報告書発送作業  

今日も報告書の発送作業をしました。


保育の充実と地方行政  

保育研究所主催のセミナーに出席しました。10時から1655分まで、保育に関わる問題点など、4人の専門家の講義を受けました。


# by kondou-saeko | 2017-08-03 21:44 | Comments(0)

報告書発送作業  

議会後、作成していた報告書が明日出来上がってきます。発送の準備作業をしました。


父の通院  

現在有料老人ホームのショートショートを利用している父を、総合病院に連れて行きました。ショートスティ先まで父を車で迎えに行き、病院に父を降ろして、病院の駐車場は3台しか止められないので、離れた駐車場に車を止めました。そこから診察の順番の予約券を取り、診察まで1時間以上がかかりました。

父は膿んでいる足の膿みを出すために、その場でメスを入れられて、痛みで起き上がることができなくなってしまいました。「どうぞレントゲンを撮ってからお帰りください」と看護婦さんに言われましたが、痛みで起き上がることができない父は、診察室から出ることができませんでした。少し休ませていただいてから、痛がる父を車いすに乗せて、レントゲンを撮りに行き、会計を済ませて、離れた駐車場まで車を取りに行き、父を車に乗せて、老人ホームまで帰ってきました。ほぼ半日がかかりました。膿みを出すために急に足の皮膚を切られ、痛かった父も気の毒ですが、介護者の私もへとへとになってしまいました。

老人ホームに戻ると、入居者の方の90代の奥様が、「私も調子が悪くて病院へ行って来て、その後主人が熱を出したと言うので、ここに来たのですよ」とげっそりした顔でおっしゃっていました。

50代の私でも通院や介護はへとへとになります。高齢者が高齢者を介護する老老介護の厳しい現実は深刻です。


財政勉強会  

地方議員研究会のセミナー「議員が知っておくべき財政の話」基礎編1、基礎編2を受けました。

元大阪府寝屋川市役所の財務部長を経験された方の講義でしたが、会費が高いのにも関わらず、1講座15,000円)ご自分の紹介などが多く、財政の勉強会としてはあまり内容がなく、残念でした。


父の通院  

現在父は、昨秋オープンした有料老人ホームのショートステイに入居しています。

以前から治療していた足がはれているので、老人ホームの看護婦さんに通院を勧められました。今日は総合病院に連れて行きました。診察、送迎に半日がかかり、医師からは、また一週間後に診療するようにと指示を受けました。訪問介護、デイサービス、ショートステイを使っても尚、介護する側が働いていると時間をやりくりすることは容易ではありません。

父を老人ホームに送ると、老人ホームには父の知り合いのご夫婦がいました。やはりショートステイでの利用でしたが、90代の奥様は、「もう家で見るのはくたびれてしまって」とおっしゃっていました。老老介護の現実も大変厳しい状態です。


高次脳機能障害支援セミナー  

杉並区障害者生活支援課主催のセミナーに参加しました。

事故や病気の後に性格が変わるなど、以前と違う感じになる等、誰にでも起こる可能性のある「高次脳機能障害」について、医師の立場から河北リハビリテーション病院 副院長の宮村紘平先生の話を伺いました。


東北地方更生保護委員会  

仙台で保護観察官の方にお会いしました。


父の病院  

父が一か月に一度通院している病院に薬を貰いに行きました。


結婚式  

親類の結婚式に参列するために金沢まで行きました。

この13年間、私が親せきと過ごす時間は、殺人事件の後かたづけや、葬儀、法事等、つらいことが多かったので、久々の親せきのみなさんと過ごす明るい行事は、私にとっては大変うれしい一時でした。食べきれないほどの御馳走と、新郎新婦がオープンカーに乗って現れる等のたくさんのパフォ―マンスが用意された結婚式と披露宴は、東京では経験したことのない結婚式でした。芸能人のような派手な演出の結婚式を楽しませていただきました。

若い2人の末永い幸せを心から祈っています。

c0013698_20540065.jpg


子ども縁日と花火大会  

毎年恒例の児童館と子ども会共催の子ども縁日と、子ども会主催の花火大会を行いました。私の所属している野方北子ども会は、ストライクアウトとバルーンアートで子ども縁日に参加しました。


花火大会では、毎年手持ち花火と打ち上げ花火を行っています。私は毎年受付で、花火代100円と引き換えに花火の引換券を配布する係を担当しています。手持ち花火は小学生が対象ですので、未就学児が保護者と来てもお断りしなくてはなりません。サンダル履きと浴衣等の裾と袖の長い服もお断りしています。毎年、自分の子どもが手持ち花火に参加できないために怒ってしまう保護者の方もいます。アルコールを飲みながらの参加もお断りです。「なぜダメなの!」「甚平で入っている子どももいるわよ!あの子だけひいきなの」等、厳しい口調で非難された方もいました。また、例年、自転車で来ることを禁止しているのですが、今年は商店街にまで自転車を駐輪する方が大勢出てしまって、通行中の車の運転手さんから注意を受けてしまいました。それだけ多くの方が花火を楽しみにして来てくださったと言うことですが、地域の小さな子ども会主催の花火大会にはできることに限りがあります。親子合わせて約700人が地域の学校で気軽に花火を楽しみ、「ありがとうございます」と私たちは感謝され、何より子どもたちの喜ぶ笑顔がうれしくてボランティアで行っている行事ですが、来年に向けていろいろ課題も残りました。



父のショートステイ  

昨年の秋にオープンした有料老人ホームのショートスティに父を送っていきました。

契約書等8枚ぐらいの書類にサインをしました。昨日はすべての持ち物に名前を書きました。薬は小分けにわかるように袋に入れて、説明を看護婦さんにして帰ってきました。


新盆の来客  

家に帰ると母の新盆にお線香を上げに2名の方が来てくださっていました。
暑い中、お忙しい中、ありがとうございました。
また、わざわざお供え物を送ってくださった方々もありがとうございました。


東京河川改修促進連盟 総会及び促進大会  

調布市グリーンホールで開かれた第55回東京河川改修促進連盟 総会及び促進大会に参加しました。今年は都議会議員選挙の影響か、都議会議員の数が少なく、静かな大会でした。

# by kondou-saeko | 2017-07-14 23:28 | Comments(0)

花火大会準備  

明日は子ども会恒例の子ども縁日と花火大会です。
午後から河川大会があるので、わずかな時間でしたが、花火大会準備のお手伝いをしました。

担当者会議  

父をショートステイに預けるために、ケアマネージャーとショートステイ先の事業者の方が家を訪れました。

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

  • 中野区政へ課題
  • 活動報告
  • 父 近藤 正二について
  • 小枝通信

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.