人気ブログランキング |

近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

カテゴリ:議会活動( 633 )  

町会連合会との懇談  

 町会連合会の皆さんと無所属議員の懇談がありました。
高齢者の見守り活動、孤独死の問題、区民活動センターについて等、お互いから忌憚のない意見が出ました。

 建設委員会  

15件の所管事項の報告を受けました。

私は、「新しい中野をつくる10か年計画実施状況について」の項で、高齢者住宅の問題とインキュベーションオフイスの整備について質問をしました。
また「施設使用料の積算結果について」の項で、産業振興センターの稼働率の低い部屋が今回の料金改定で値上がりすれば、益々区民にとって使いにくい場所となってしまうのではないかと言う趣旨のことを質問しました。

議会運営委員会傍聴  

議会運営委員会、議会運営協議会、議会運営改善検討会を傍聴しました。

特別区議会議員講演会   

「地方法人課税見直しの問題点と特別区の対応」

特別区長会事務局参事 入澤幸氏の講演を都政会館で聞きました。
平成20年度、26年度の税制度改正により、事業税(都道府県税)の一部が、「地方法人特別税」として国税化され、「地方法人特別譲与税」として全国の都道府県に配分されるようになりました。その影響で、都は20年度から累計で1兆円の減収となりました。平成26年度税制改正では3分の1規模の復元はされましたが、法人住民税が特別区分だけでも539億円減になる等、厳しい状況となっています。
特別区は膨大な行政需要を抱えているので、地方税を地方団体間の調整に用いることなく、国の責任で各自治体の必要財源を確保する方策を考えるべきであると言う趣旨の内容でした。質疑応答の場面では、「一般の議員に呼び掛けるよりもかえって特別区区長会の方からもっと声をあげることが必要なのでは」と言う趣旨の質問等もありました。

中野区立中学校PTA連合会 懇談会  

「教育環境および施設・設備の改善要望書」に沿って、改善して欲しい点の説明を受けました。
毎年、中P連の皆さんは要望書を作成して、各会派の議員に改善をお願いしています。しかし、毎年、毎年、雨漏りのする学校施設の写真や、老朽化したトイレの写真を見せられる度に、なかなか改善しない学校施設に、「もう少し予算を回せないものか」と中野区の教育予算が少ないことに対して情けない気持ちになります。

地域支えあい推進特別委員会  

私は、見守り高齢者名簿の提供についての項で、障がい者の名簿登載率が低い理由等を質問し、また、「中野区次世代育成支援行動計画平成25年度事業実績」の項では、「心身の発達について気軽に相談できる場やサービスが整い、適時・適切な支援が得られている。」と書かれている部分を例に上げて、「25年度の指標結果は24年度の指標結果より良くなっているが、相談できる場が増えたのか、支援の仕方が変わったのか、改善点、改善していない部分がどこなのかが明確ではない。今後、より改善を進めるためにも、問題点がわかる書き方を工夫して欲しい」との趣旨を質問しました。


 

西武新宿線踏切渋滞解消促進 期成同盟決起大会  

中野区関係国会議員、都議会議員、東京都都市整備局、西武鉄道株式会社、杉並区、下井草駅周辺地区まちづくり協議会等の皆さんを来賓に招き、中野区議会、中野区、町会連合会、商店街連絡会、中学校PTA連合会などの皆さんで結成されている期成同盟が、西武新宿線踏切渋滞解消に向けて期成同盟決起大会を開きました。


 

7月30日  

 第52回 東京河川改修促進連盟総会及び促進大会

 日本青年館の大ホールに、東京の14区、21市、2町の議員が一同に集まり、治水対策の促進を国会、政府、東京都に働きかける東京河川改修促進連盟総会及び促進大会が開かれました。私は建設委員として出席しました。会場の日本青年館は東京オリンピックのために取り壊される予定になっているので、この会場での促進大会は今回で最後となります。

7月11日  

 本会議

 平成26年第2回定例会(6月26日~7月11日) 会期16日が今日で終わりました。
8本の議案が全会一致で可決し、1本の議案が継続審査となりました。陳情は4本が継続審査となり、1本が不採択となりました。
 共産党提出の議員提出議案第7号「集団的自衛権行使を容認する閣議決定の撤回を求める意見書」は、反対多数(自民・公明・みんなの党・無所属いながき議員)で、否決されました。また、議員提出議案第8号「福井地裁の判決を重く受け止め、原発再稼働の中止を求める意見書」も反対多数(自民・公明)で否決されました。
 
 本会議後、超党派の議員が中野駅駅頭において、本日の2つの意見書について街頭報告しました。

7月6日  

 建設委員会

7件の所管事項の報告を受けました。

その中で、最近、我が家の近隣で起こった問題が報告されました。
近隣のお宅で住宅を取り壊すことになり、作業車が入ろうとしたのですが、道幅が狭く入ることができません。不動産屋で調べてみると、区道と個人宅の境に、個人所有の樹木がはみ出して植えられていることが判明しました。区道にはみ出て植わっている樹木を、個人宅の庭に移す作業をしなければならないことを区の職員が住人に知らせたのですが、職員は、持ち主の許可が下りたと勘違いして、住人立ち会いのないまま、樹の伐採と移植を行ってしまいました。結果的に移植分を含む33本の樹木は全て枯死してしまいました。その賠償金を区が払うことになり、区道を管理している建設委員会で報告されたのです。

なぜ、「このようなミスが起きたのか。」「今後どう防ぐのか。」など、複数の委員が質問をしました。また、このような事が起きないように、他にも区の道路に私有物の占用がある所を、調査し、解決していくようにと言う質問もありました。

我が家の近隣の出来事でもあり、私は事件当時から、当事者の方からの相談や報告を受けてきました。単に、区職員の連絡ミスだったとしても、大量の立派な樹木を失ったことは、当事者に、過大な損失と精神的打撃を与えたばかりではなく、地域の環境面でも大変残念な出来事でした。私は、地域住民の声を複数お伝えしました。

この件から、区道の適正な管理が指摘されました。
我が家の裏側は、かつて小さな水路(ドブ)があり、庭の一部はその水路跡地となっています。私の父は、使えない水路跡(2mの区道)と交換に、我が家の土地である家の前の広い道の一部を区に区道として提供してきました。そして、父はずっと、皆が使う区道の分の固定資産税も払ってきました。水路跡の区道は、家の庭の続きとして管理し、常に草むしりをし、樹木の剪定もしてきました。これまでかけてきた樹木の管理(植木代)と草むしり代の負担も馬鹿にならない金額です。
隣家も、我が家も、水路跡の何の管理もされない区道に、永い間、個人で金を払い、地域の緑を残すことに協力してきました。
今後、区道の適正な管理が厳しく行われるとなると、そこにある緑は伐採され、コンクリートの区有地になる可能性もあります。環境を考えると、大変残念なことになりそうですが、区道は適正に管理しなくてはならないので、仕方ないと思っています。

隣家にも我が家にも、建物裏の(区道であるところの)同じような場所に物置が置かれています。隣の先代も父も、この地域の住民たちは、緑が伐採され、使えないコンクリートの空間になることを恐れて、水路跡に物置を並べて置いたのかもしれません。公共性の高い場所に自分の土地を提供し、公共性の低い場所公共地を住民が管理して来た歴史があるのです。確かに公共地にモノを置くことは、違法であるのかもしれません。しかし、自宅の土地を役に立つ公共地に提供し(もちろん、これまで収めてきた公共に提供した土地の固定資産税は戻りません)、その一方で、使えない土地の樹木を育て守り、地域住民の公共の福祉に貢献しようと動いていた地域住民たち、昔の人の頑固までに緑を守ってきた精神が感じられます。

区道の管理にあたっては、それも許されないことになるようです。

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
以前の記事
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.