人気ブログランキング | 話題のタグを見る

近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

9月9日 条例研究会  

10月に行われるシンポジウムの打ち合わせをしました。


9月8日 ジャニーズ事務所創業者喜多川氏の性加害問題  

連日、ジャニーズ事務所の性加害問題がマスコミで取り挙げられています。

新社長になった東山氏は「噂では聞いていたが、恥ずかしながら何も出来なかった」と語っていました。マスコミも、社会も、薄々は感じていた人はいましたが、何もして来きませんでした。(中には十分認識して何かをしてきた人もいたとは思いますが、その力は弱すぎました)この問題もやはり被害者たちが立ち上がり、大きな組織に立ち向かったことで、社会にこの問題を周知させたのです。

このような犯罪は2度とあってはならないことであり、社会は、加害者事務所の猛省と償いを求めていかなくてはなりません。

そして忘れてはならないのは、性被害に限らず、権力や地位、立場の強い者から受ける暴力に対して、どうにも抵抗できずにいた被害者はたくさんいた(いる)と言うことです。その中には、1人で乗り越えることが出来ずに自ら命を絶った人もいます。

この問題も一昨日の京都アニメーション放火事件と根っこは同じです。

それは、長い間、加害者の人権に比べて被害者の人権が無さすぎた日本で、被害者たちは苦しみ続けて来たと言うことです。加害者は、人を殺しても裁判で「刑務所を出たら更生し、頑張って生きてください」と国から言われ、金がないからと賠償もしないことが当たりまえのようになっています。性被害に遭っても、自分が我慢するしかないと思わせる空気の中で、長い間我慢をして来た被害者たち。また加害者に責任能力が無ければ、それで事件は終わりです。国は加害者の更生には力を入れますが、被害者団体が死に物狂いで活動していかなければ、被害者の人権は無視され続けてきたのです。

私たち被害者が求める、一刻も早く、どんな人も、暴力で人を思いどおりにはできない。社会は加害者を決して許さない。と言う日本人の意識改革が必要なのです。

(新あすの会では、犯罪被害者等の加害者に対する損害賠償権を国が買い取り、国が回収を行う制度の創設を求めています)


9月7日 緑野中学校区地区懇談会  

私は北原児童館運営協議会の代表として参加しました。

「ワールド・カフェ」と言う方法で(少人数のテーブルから、それぞれが違うテーブルに移動し、多くの人と話ができる方法)「私たちが地域と共にできること」と言うテーマで懇談しました。約40名の地域で子どもたちを支える組織・団体の皆さんが参加しました。多くの皆さんが、情報交換・感じていること等を自由に発言することができて、とても良い会でした。


9月6日 京都アニメーション放火事件 裁判員裁判  

昨日から、36名死亡、32名が重軽傷を負った京都アニメーション放火事件の裁判員裁判が京都地検で始まりました。

事件の内容、裁判の様子はニュースなどで皆様耳にしたとことと思います。

青葉被告の逆恨みから、命を亡くされた被害者、遺族のことを思うとあまりに辛くて言葉がありません。

私は犯罪被害者遺族として、あすの会(現在は新あすの会)の皆さんと被害者参加制度の創設等に関わってきました。

今朝の読売新聞には、「被害者の裁判参加支援厚く」と言う文章が掲載されていました。以下内容です。

被害者らは京都地検が用意したバスなどで地検に移動し、地検では、一般の傍聴人と接触せずに済むように、通路の一部をブルーシートやパーテイションで覆う措置が取られた。京都犯罪被害者支援センター(京都市)の支援員も京都府警と連携し、遺族らが不安を訴えた際に迅速に対応する。

以上

等の被害者支援の内容が書かれていました。

私たち、犯罪被害者たちは、自分たちが被害者になった約20年前には、全くこのような配慮もなく、裁判でのつらい、どうしようもない状態を11つ改善を求めて国に要望してきました。本当につらい被害者遺族たち、それでも、これでも、裁判を取り巻く環境はだんだん良くなってきたのです。

次に、加害者は「心神喪失だった」と言って罪に問えない法律の存在等、被害者遺族たちにとってはたまったものではありません。この問題も仲間が自分の経験を基に社会に理不尽さを現在も訴えています。私もその会に属しています。被害者たちはたくさんの課題に1番つらい思いをしてきたにも関わらず、「もう自分たちのような思いをする人を出さない」ことを願い、1つ1つの課題に向き合い、改善できることはしてきました。ずっと長期にわたって社会に訴え続けて来ています。しかし、テレビなどで、コメンテーター、専門家等が語る言葉は、「この事件を機会に皆で考えなくてはならない時期に来ているのでしょう」と言葉です。日本と言う国は、何人殺されれば、しっかりと議論が出来る人、多くの被害者の経験や、裁判で明らかになった加害者と言う人間たちが示す特長、それらの人間たちを育ててしまう社会等、ここを議論して、殺される人を少なくしていく努力をしないのでしょうか。いつまで、「そろそろ始めなくてはならない」と言っているのでしょうか。

このことは、まさに私が全国で皆さんにお伝えしてきたことです。

いつまでも国が用意した1つの専門分野にこだわる人たちだけでの審議会では議論が深まりません。青葉被告のような人間を2度と出さないための議論を今の教育環境、地域環境、若者のこと等、社会全体が見える人が入って議論を尽くすべきです。

(新あすの会では被害者庁の創設を要望しています)


9月5日 カランコエ  

暑さと、孫の子守り、自身も珍しく体調を崩してしまった今年の8月でした。

友人から誕生日祝いに頂いた(9月生まれです)お花にいやされています。

他に地方の友人からも素敵なプレゼントが届きました。

ありがとうございました。




9月5日 カランコエ_c0013698_09361064.jpg

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
以前の記事
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.