人気ブログランキング | 話題のタグを見る

近藤 さえ子 公式ブログ 小枝日記

5月18日 教師の仕事  

小学校教員を辞められた元先生と教え子のお母さんたちとランチに行きました。
彼女は、先生たちが忙しくて、子どもたちと向き合う時間がだんだん少なくなってきていることをおっしゃっていました。以前、高校の先生と会った時もまったく同じことを話していました。書類作成や決まりごとに追われて、先生たちが疲れ果ててしまうのでは、いい授業ができなくなってしまいます。今の学校は先生も子どももかわいそうな状態です。

地域センターの区民説明会に出席しました。
これからの地域センターのあり方の説明会だったのですが、出席者は私を入れて8人でした。先ほどのランチには10人もママたちが集まったのに区の説明会は若いお母さんは一人もいません。
区は区民が運営する地域センターを作っていくつもりなのですが、いったい、どの「区民」が運営するのでしょうか?

弁護士さんの事務所訪問
弁護士さんから主人の裁判に関する4キロ以上もある「重たい」資料を受けとり、リュックに入れ背負い、肩に食い込むリュックの肩紐の痛みと悲しみとを抱え、苦しい気持ちで帰ってきました。
主人を殺され、数々の後片付けに追われ、都度お金がかかり、なぜ被害者の家族はこんな目に合わされるのでしょうか?何も悪いことをしていない人間には疲れ果てる作業があり、犯人たちは留置所でゆっくりしていれば、税金で雇った弁護士がすべてやってくれるのです。

5月19日
子ども会打ち合わせ
5月20日
第43回東京都河川改修促進連盟総会及び促進大会に出席

5月21日
中学PTA教養委員会打ち合わせ

5月22日
「『PTA』ってそもそも何?」 と言う勉強会に参加

5月16日 母と外出  

母を連れて2年ぶりに外出しました。
私の母は2年前に大腿骨を骨折し、その後入退院を繰り返しています。主人が拉致されてしまったショックから、この冬も具合が悪くなり入院していました。春になり家に帰っては来ましたが、ようやく母が戻っていた家は、やさしかった主人のいない、暗いつらい家でした。

私は、歩行が困難で、出かけることがままならない母を、彼女が大好きな美術展に連れて行ってあげたいと考えていました。歩行が困難になる前の母は、あちらの美術展、こちらの美術展、音楽会と出歩く事を一番の楽しみにしていたのです。
知り合いに頼んで、父と私と3人で母を連れて「ゴッホ展」に行きました。国立近代美術館は入り口から200人ぐらいが並ぶ盛況ぶりで、中に入っても車椅子に座っている母には、絵画は見えず、人のお尻を見るだけです。
「こんな混んでいる日に来てごめんなさいね」と何度も何度も母は言いながらやっとのスペースを開けてもらいゴッホの作品を鑑賞しました。

体の不自由な人は肩身が狭いものです。幅をとる車いすで列に入ろうとすると、いやな顔をされてしまう、並んでいる元気な人に謝り、同伴者に気を使い、大変です。
それでも、母は涙を流さんばかりに久しぶりの芸術鑑賞を喜んでいました。

足の悪い高齢者が芸術を楽しむには、行き帰りのタクシー代など大変高い物に付きます。また、ようやく会場についても、実際に芸術を楽しむには、大変な思いをしなければならない。日本は今後急速に高齢社会に入ることが解っていながら、それを受け入れる準備はほとんど何もされていません。もう少し、弱者にやさしい社会になれないものかとつくづく思います。
5月16日 母と外出_c0013698_11444269.jpg


5月17日
PTA教養委員の区の説明会に出席
会派打ち合わせ
夕方 子どもの歯医者

5月15日 来客  

今日もご近所の方、子どもの友人、親戚とたくさんの方がお見えになりました。
主人の遺影の前はお花で一杯です。

5月14日 殺人事件の後処理  

税理士さんと私のウエッブサイト管理者が家へいらっしゃいました。
税理士さんは主人の後処理の関係でいろいろ細かいことを教えてくださいました。主人が若くして殺されてしまったので、財産はほとんどないのですが、いろいろな名義を書き換えなくてはなりません。子どもも未成年なので、特別代理人と言う大人を付けなくてはならないのです。そして家庭裁判所にその書類を出したり、証明書を取ったりと面倒な手続きがたくさんあります。またウエッブサイト管理者は、パソコンのデーターのことで分からない操作を教えてくれました。社会生活を送っていた一人の人間がある日突然いなくなってしまうと言うことは本当に大変なことです。

主犯の酒井もその他の拉致をした若者も、自分たちがきちんとした社会生活をしていないので、彼らが刑務所に入っても誰も困らず、何の手続きもなくきっと家族も自分の生活には何も困らないのでしょう。彼らのように何も失うもののない身勝手な人間が短い刑期で社会に出てきて、また気軽に暮らされてはたまりません。自分たちがしたことが、普通の生活をしていた多くの人にどんなに迷惑をかけていることかを考えてもらいたいと思います。1つの大切な命を奪った罪の重さを考え続けてもらいたい思いとます。

5月13日 元警察庁捜査一課管理官  

今日も何人もの方が家にお見えになりました。地域の問題、介護の問題、様々な課題を話しました。
 
午後 元警庁捜査一課管理官(警視)の笹川さんが主人にお線香を上げにいらしてくださいました。「被害者の気持ちになって、地ベタを這いずり『物言えぬ被害者の無念の気持ちを代弁する刑事』として敢えて困難に挑戦することが第一」とおっしゃる笹川さんのお言葉通り、多くの後輩の方々とともに地道な厳しい捜査を続けて、主人を山の中から探し出し、家族の元へ返してくださいました。心から感謝いたします。

子どもの学校のクラブ活動の説明会に出席しました。今、子どもの数が減り、それに伴い先生の数も少なくなっています。クラブ活動を存続していくことは難しい問題です。子どもの通う中学校では、顧問の先生が例えそのスポーツができなくても、地域のお母さんたちが、コーチを務める形でクラブ活動を支えています。このお母さんたちの善意がなければ子どもたちはクラブができない状態なのです。お忙しい中、ボランティアで子どもたちを支えてくださるお母さんたちには心から感謝しています。

それにしても、「少子化対策」、「中野区次世代育成支援行動計画策定」と言っているのですから、子どもたちのクラブ活動にきちんと人材を確保することは行政の責任ではないでしょうか。私はこれからも公立中学校のクラブ活動の大事さを教育委員会に提案していきます。

ブログメニュー

カテゴリ
最新の記事
以前の記事
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
最新のコメント
記事ランキング
画像一覧
リンク
中野区議近藤さえ子のホームページ小枝ネット

ご意見、ご感想などは
こちらまで メール

社会活動


中野区お役立ち情報

なかの区報

教育だよりなかの

Copyright © 2014 Kondo Saeko All Rights Reserved.